乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【日本会議】:日本人の伝統取り戻す ■百地章・日大教授

2016-10-17 03:15:10 | 【神道・神社、仏教・寺院、宗教法人】:

【日本会議】:日本人の伝統取り戻す ■日本会議政策委員 百地章・日大教授

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【日本会議】:日本人の伝統取り戻す

 ■日本会議政策委員 百地章・日大教授

 日本会議の政策を決める政策委員を務める百地章日大教授に、日本会議の狙いや安倍政権への影響力などを聞いた。

 ――日本会議は何を目指しているのか。

 「戦前回帰を目指しているという指摘もあるが間違いだ。『戦前=悪』と決めつけるのもレッテル貼りだ。本来の日本の良さを否定するのをやめ、日本人の伝統を取り戻すための活動だ」

 ――特徴は。

 「かつて様々な保守系の運動はあったが、若い世代の開拓に苦労してきた。日本会議は各都道府県に支部をつくって署名運動や地方議会への請願を進める『草の根の保守運動』で大きな成果を上げた。最近は若者の入会が増えている」

 ――改憲を求める運動は広がっているか。

 「着実に賛同者は増えている。今の憲法は占領中にGHQ(連合国軍総司令部)によって起草され、当時そのことは隠されていた。自分たちの手で、内容も現代の国家にふさわしいものに作り替えていく必要がある」

 ――最近出版された本が指摘するように、日本会議は安倍政権を動かす「黒幕」なのか。

 「そう言う人には逆に問いたい。安倍政権の中で日本会議によって動かされていると思っている人が果たしているだろうか。いないはずだ。日本会議側もそんな不遜なことは考えていない。そんな陰謀論を唱える人には改憲ムードを懸念し、日本会議を潰そうという思惑があるのではないか。日本会議はたった会員4万人足らずで、他の団体の方が圧倒的に多い」

 ――ただ議員連盟「日本会議国会議員懇談会」には、安倍晋三首相ら多くの有力議員が名を連ねる。

 「たしかに議員懇談会には有力者が多く現役閣僚もいるが、それは他の議連だって同じだ。安倍政権が日本会議の考えている通りにしてくれるならそんなありがたい話はない。だが必ずしもそうでないから我々の苦しさがある。例えば改憲をもっと急いでほしいが、現実にはそうなっていない」

 ――先の大戦への「反省」などに触れた戦後70年談話には、保守の論客からも首相批判が上がる。

 「思想の純粋性を求める言論人を中心に批判があるのは承知している。『国民運動』であるからには現実への配慮も必要だとの安倍首相の立場も理解できる。安倍首相には引き続き期待している」

 ももち・あきら 京大院修了。愛媛大教授などを経て日大教授に。専攻は憲法学。日本会議では発足当初から政策委員を務める。静岡県出身、70歳。 

 元稿:日本経済新聞社 朝刊 主要ニュース 連載・特集 【永田町インサイド】  2016年10月09日  03:30:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国民の意識は…「愛国心強い」... | トップ | 【記者の目】:「保守主義」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。