乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【小池知事】:IOC会長と18日会談へ 五輪見直し案で

2016-10-10 07:00:30 | 地方行政、自治・住民自治・議会

【小池知事】:IOC会長と18日会談へ 五輪見直し案で

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【小池知事】:IOC会長と18日会談へ 五輪見直し案で

 2020年開催の東京五輪・パラリンピックに関して東京都の小池百合子知事と国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が18日に都内で会談する方向で調整が進められていることが9日、関係者への取材で分かった。小池知事が本部長を務める都政改革本部の五輪・パラリンピック調査チームが先月発表した中間報告で、都が整備する新設3施設について建設中止も含めた抜本的な見直しを提言したことについて意見を交わすとみられる。

東京都の小池百合子知事=東京都庁で2016年10月7日、森田剛史撮影

 バッハ会長は19〜22日に東京と京都で開かれる国際会議「スポーツ・文化・ワールド・フォーラム」出席のため来日し、20日に基調講演を行う。小池知事とバッハ会長との会談では、調査チームが建設中止も含めた見直しを迫ったカヌー・スプリントとボート会場の「海の森水上競技場」▽水泳の「オリンピックアクアティクスセンター」▽バレーボールの「有明アリーナ」などについて協議する見通し。

 海の森水上競技場を巡っては、調査チームが宮城県登米市の長沼ボート場を代替地として提案しており、小池知事は12日に都庁で宮城県の村井嘉浩知事と会談するほか、15日には同ボート場を視察する予定。これらを基に、バッハ会長と意見交換する予定という。【柳澤一男、芳賀竜也】

 元稿:毎日新聞社 主要ニュース リオ五輪・パラリンピック大会 【話題・東京2020年オリンピック・パラリンピック大会】  2016年10月10日  07:00:00 これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

 

ジャンル:
オリンピック
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【社説】:①政治資金領収書 ... | トップ | 【南スーダンPKO】:稲田... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

地方行政、自治・住民自治・議会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。