乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

{社説②}:2%物価目標 政府こそ失敗の検証を

2016-11-07 02:44:50 | 金融・財政ニュース

{社説②}:2%物価目標 政府こそ失敗の検証を

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:{社説②}:2%物価目標 政府こそ失敗の検証を

 日銀が、また物価見通しを下方修正した。目標とする上昇率「2%」の達成時期は7月時点の予測から約1年後ずれし、「2018年度ごろ」となった。延期は5度目で、黒田東彦総裁の5年の任期中に目標達成が困難なことを認めた形だ。

 「2年程度で2%」の実現を宣言し、黒田日銀が異次元緩和と呼ばれる大規模緩和を始めたのは3年7カ月前である。すでに発行残高の約4割にあたる国債を買い占め、大量の資金を経済に供給したにもかかわらず、物価上昇率は2%どころかマイナスが続いている。

 日銀は9月に「総括的検証」を行い、失敗の要因を分析した。急激な原油安や新興国経済の悪化で物価が下がったこと、そして長年のデフレにより、日本人の物価予想が今の物価情勢に引っ張られる傾向を持つこと、などを挙げた。

 お金の量を驚くほど増やせば、物価が上がると人々が予測するようになり、本当に物価が上がる--。根本の筋書きが誤っていたわけだが、日銀は認めていない。

 目標を達成できなかった時、「自分たちのせいではない、他の要因によるものだ」と言い訳をすれば、市場がその金融政策を信用しなくなる。岩田規久男副総裁が就任会見で語った言葉だが、今の日銀はまさにそれにあたる。

 では、これは日銀だけの問題か。

 物価上昇目標「2%」は、12年末の衆院選で、「デフレからの脱却」を掲げ政権奪回に挑んだ自民党が公約に明記した。日本経済の実力に照らせば高すぎる2%の目標を、13年1月、日銀との共同声明に盛り込んだのは安倍新政権だ。

 日銀の大胆な金融緩和は、アベノミクス三本の矢のまさに1本目である。積極的に推進してくれそうな人物を総裁以下、政策委員会のメンバーに送り込んだのも安倍政権だ。

 その目標はいまだに実現していないばかりか、再三の先送りの末、最新の達成時期は目標設定から6年後の「18年度ごろ」だ。それさえ民間エコノミストらは楽観的だと見る。なぜ最も強調した国民との約束を果たせていないのか、少なくとも説明する責任が政府にはあるはずだ。

 政府は日銀に早期のデフレ脱却を求める一方、自らは「持続可能な財政構造を確立する」と財政再建を誓った。しかし、消費税率の引き上げは2度先送りし、年間予算も過去最大規模に膨れあがっている。

 財政が市場の信認を失い、国債価格が急落(長期金利は急騰)した時に経済が受けそうな衝撃はかつてなく高まっている。破綻が明らかになった政策を、点検もなく掲げ続けることは無責任極まりない。

 元稿:毎日新聞社 東京朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【社説】  2016年11月07日  02:44:00 これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【余録】:チーム名は「琉球... | トップ | {社説①}:離婚後の養育 子ど... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

金融・財政ニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。