乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【福岡6区補選11日告示】:新人4氏の争いか 保守分裂、野党は連携

2016-10-09 19:53:30 | 選挙(衆院・参院・地方首長・議会)

【福岡6区補選11日告示】:新人4氏の争いか 保守分裂、野党は連携

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【福岡6区補選11日告示】:新人4氏の争いか 保守分裂、野党は連携

 参院選後初の国政選挙となる衆院福岡6区、東京10区の補欠選挙が11日に告示される。いずれも23日投開票。鳩山邦夫元総務相の死去に伴う福岡6区補選には4人が立候補を表明しており、事実上、自民党系の無所属新人2人と、野党統一候補となった民進新人の争いになる見通し。両補選の結果は安倍晋三首相の政権運営や衆院解散戦略にも影響を与えそうだ。

 福岡6区に立候補を予定しているのは民進党新人で元インド・チェンナイ日本総領事館職員の新井富美子氏(49)、新人で政治団体「幸福実現党」幹部の西原忠弘氏(61)、いずれも無所属新人で参院議員秘書の蔵内謙氏(35)、鳩山元総務相の次男で前福岡県大川市長の鳩山二郎氏(37)。

 自民党は公認候補を擁立せず、党県連が推す蔵内氏と派閥横断グループが支援する鳩山氏に分裂。野党は共産党が公認候補を取り下げ、社民党も県レベルで新井氏の推薦を決めた。

 小池百合子東京都知事の衆院議員失職に伴う東京10区補選には、自民現職の若狭勝氏(59)=比例東京=と、民進新人で元NHK記者の鈴木庸介氏(40)、新人で「幸福実現党」幹部の吉井利光氏(34)が立候補を予定している。

 元稿:西日本新聞社 主要ニュース 政治 【選挙・衆院福岡6区補選】  2016年10月09日  19:53:00 これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

『福岡県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【特集・北朝鮮】:地村さん... | トップ | 【社説①】:成長促す労働改革... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

選挙(衆院・参院・地方首長・議会)」カテゴリの最新記事