乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【社説①】:ボブ・ディラン 風の中、時代は変わる

2016-10-16 01:30:35 | 【ノーベル賞(物理学・科学・生理学・医学

【社説①】:ボブ・ディラン 風の中、時代は変わる

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【社説①】:ボブ・ディラン 風の中、時代は変わる

 歌手ボブ・ディランにノーベル文学賞。なあに驚くには当たらない。小説も詩も歌詞も、肝心なのは言葉の力さ。だって、友よ、風に吹かれて、転がる石のように、時代は変わっていくのだし-。

 ボブ・ディランは詩人である。

 フォークからロック、この春の十五年ぶりというホールでの来日コンサートでは、フランク・シナトラやイブ・モンタンといった大御所の名曲をカバーして、ボーカリストとしての実力を見せつけた。

 しかし、最も会場を沸かせたのは、アンコールの一曲目に歌った、やはりあの「風に吹かれて」だったろう。「公民権運動の賛歌」と言われる抵抗の歌である。

 もともと楽譜の枠をはみ出たような“字余りソング”。一九六三年発表のセカンドアルバム「フリーホイーリン」に収録された初出時の旋律は、ほとんどない。

 それでもファンたちは、変化をかみしめ、変わらない言葉を味わい、そして口ずさみ、その歌と共に生きた歴史をふり返る。

 ギターの弾き語り、ホルダーで固定したハーモニカ、とても美しいとは言えないしゃがれ声、自分の言葉を自分のメロディーに乗せて歌うそのスタイルは、ビートルズとともに日本のミュージックシーンも変えた。自分の言葉で歌っていいと教えてくれた。

 フォークの教祖といわれた岡林信康も、貴公子と呼ばれた吉田拓郎も、ディランに憧れ、ディランをまねた。

 プロテスト(抵抗)の心を秘めたメッセージソングの確立だった。そのメッセージが時代を大きく動かした。

 言葉の力で本当に時代を変えた人である。七十五歳の今も現役。その受賞は驚くに当たらない。

 以前から候補には上っていた。二〇〇八年には「卓越した詩の力による歌詞がポピュラー・ミュージックとアメリカ文化に大きな影響を与えた」として、ピュリツァー賞の特別賞を受賞した。

 メッセージ性や社会批判を重視すると言われる文学賞。二重三重の意味を持つという歌詞の文学性…。むしろ王道の受賞者といっていい。

 とはいえ、ディランが歌ったように「時代は変わる」。

 ♪最初のものが最後になる/時代は変わるのだ…。

 ノーベル文学賞は、ディランがそうしてきたように既存の枠を飛び越える変化を見せた。

 来年こそ、村上春樹氏も…。

  元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【社説】  2016年10月14日  01:30:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

ジャンル:
歌手
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【社説②】:消費者団体裁判 ... | トップ | 【筆洗】:江戸中期の人・麻... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。