乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【図解・行政】:「国の借金」の推移

2016-11-11 15:08:50 | 金融・財政ニュース

【図解・行政】:「国の借金」の推移

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【図解・行政】:「国の借金」の推移

 ■国の借金1053兆円=1人当たり830万円-6月末

 ※記事などの内容は2016年8月10日掲載時のものです

 財務省は10日、国債と借入金などの残高を合計した「国の借金」が6月末時点で1053兆4676億円になったと発表した。3月末時点から4兆1015億円の増加で、不足する税収分を賄う国債の発行額が増えた。7月1日時点の人口推計(1億2699万人)を基に単純計算すると、国民1人当たりの借金は約 830万円になる。 

「国の借金」の推移

 国の歳出は、急速な高齢化に伴い社会保障費が毎年約1兆円増えると見込まれている。一方、税収は2015年度決算では、新興国経済の減速懸念や円高進行 などで法人税収が下振れた。消費税率10%への引き上げは延期。安倍政権が決定した総合的な経済対策の財源の一部を建設国債の追加発行で賄う方針で、国の 借金は今後も増加する見通しだ。
 国の借金は国債や借入金、国庫の一時的な資金不足を補う政府短期証券の残高の合計額。内訳は国債では、財政投融資特別会計国債(財投債)の発行額は減少したが、普通国債が816兆7635億円と3月末から11兆3453億円増加した。政府短期証券は減少した。

 元稿:時事通信 時事ドットコム 主要ニュース 経済 【金融・財政】  2016年08月14日  12:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【国の借金】:15年度末1... | トップ | 国の借金1053兆円に…経済... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。