乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【ヘリパッド建設】:高江で220人座り込む 県外から150人参加、・・・

2016-10-19 09:44:35 | 在日米軍基地・再編問題・防衛・武器

【ヘリパッド建設】:高江で220人座り込む 県外から150人参加、反対に共感

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【ヘリパッド建設】:高江で220人座り込む 県外から150人参加、反対に共感

 東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設に反対する住民や支援する人たち約220人が11日午前、東村高江のN1ゲート前で座り込み、建設反対を訴えた。県外の隊員を含む機動隊が座り込む人を1人ずつ排除していった。

ヘリパッド建設に反対して座り込む人らを機動隊が囲い込む中、通過する砂利を積んだダンプカー=11日午前9時35分すぎ、東村高江

 午前10時ごろまでに砂利を載せたダンプカー20台がパトカーに先導されて基地内に入った。

 10日はこれまでで最も多い66台のダンプカーが搬入した。

ヘリパッド建設に反対して座り込む人の列を排除する機動隊員ら=11日午前9時35分すぎ、東村高江

 この日はフォーラム平和・人権・環境(平和フォーラム、東京)の呼び掛けで、北海道から九州の参加者約150人が座り込みに参加した。排除する機動隊員や砂利を積んだダンプカーに向かって「帰れ」「基地造りの手助けはやめろ」などと声を上げた。

 N1ゲート前の座り込み行動と別に、建設に反対するメンバーら22人は11日朝、工事付近で抗議を展開するために建設現場に向かった。【琉球新報電子版】

 元稿:琉球新報社 主要ニュース 社会 【話題・沖縄県・在沖米軍基地・東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設】 2016年10月11日  11:01:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【米軍ヘリパッド】:N1出入... | トップ | 【現地リポート】:沖縄・高... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。