乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【大弦小弦】:たまに行くスポーツジム。高齢者と呼ぶには失…

2016-10-14 08:22:30 | 医療・病気・健康・医薬品

【大弦小弦】:たまに行くスポーツジム。高齢者と呼ぶには失…

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【大弦小弦】:たまに行くスポーツジム。高齢者と呼ぶには失…

 たまに行くスポーツジム。高齢者と呼ぶには失礼にあたりそうな面々が元気だ。カラフルなウエアに身を包み、ランニングや筋トレ、水泳に励む姿はたくましい

 ▼それを裏付けるようなスポーツ庁の2015年度体力・運動能力調査結果が出た。握力や上体起こし、歩く能力などのテストで65~69歳の女性、75~79歳の男女の合計点が過去最高に。健康志向の高まりが背景にあるという

 ▼一方、10代後半から30代の女性で運動習慣がある人の割合は大幅に減り、30代女性では、体力も低下傾向にある。同庁は「働く女性が増え、運動の時間が取れない」と分析するが、やはり体力はつけたいもの

 ▼スポーツが苦手という方にはうれしい結果もある。過去に運動していたかどうかに関係なく、「いま」運動をしているかで、体力や健康によりよい影響を与えるという。部活動などの経験がなくても、「いま」が勝負ということか

 ▼スポーツ庁の担当者は今後、働く若い女性向けのニーズや運動しない理由を把握し、新たなスポーツの提案もしたいという。運動する時間を持てる働き方や環境づくりも必要だろう

 ▼朝夕、秋らしさを感じるようになったこの時期。「いま」を始めるにはもってこいの季節でもある。10月は健康強調月間。スローガンの「未来の自分に健康宣言」してはいかがだろうか。(赤嶺由紀子)

 元稿:沖縄タイムス社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【大弦小弦】  2016年10月12日  07:19:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【冷蔵倉庫】:脱フロン策強... | トップ | 【社説】:[放置される虫歯... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。