乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【ゴキブリ問題で炎上】:はごろもフーズ若社長の前途に暗雲

2016-10-29 15:03:00 | 産業・経済・企業・ビジネスニュース

【ゴキブリ問題で炎上】:はごろもフーズ若社長の前途に暗雲

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【ゴキブリ問題で炎上】:はごろもフーズ若社長の前途に暗雲

 ツナ缶のトップブランド「シーチキン」(はごろもフーズ=本社・静岡市)にゴキブリが混入していたことが27日発覚し、大騒ぎだ。

 ゴキブリが混入していたのは、14年12月に製造されたシーチキンLフレークで、スーパーで購入した山梨県甲府市の50代女性が今月13日に届け出た。社内調査の結果、製造過程で混入したことが分かり、18日に同社の担当者が女性に謝罪したというが、それ以降の対応がまずかったようだ。

はごろもフーズの「シーチキン」(C)日刊ゲンダイ

       はごろもフーズの「シーチキン」(C)日刊ゲンダイ

「はごろもフーズがマスコミの取材に対し、公表や自主回収などの対応をとらない考えを示したことで、ネット住民が『不誠実だ!』などと、猛烈な勢いで不買運動をあおるような書き込みを始めている。一気に炎上するかもしれません」(食品メーカー関係者)

 はごろもフーズといえば、昨春、副社長だった池田憲一氏(39)が社長に就任したばかり。池田社長は慶大卒、三菱商事出身で、創業家の後藤康雄会長の娘婿とピカピカの経歴の持ち主だ。

 「はごろもフーズの本社は静岡市にあるのに、池田社長の自宅はなぜか東京都港区にある。エアバッグ事件のタカタをはじめ、同族経営企業のゴタゴタが相次いでいるだけに、批判の矛先が池田社長に向けられる恐れもあります」(前出の食品メーカー関係者)

 若社長の前途に暗雲が立ち込めてきた。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース ビジネス 【企業・産業ニュース】  2016年10月29日  15:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【東京都】:五輪&豊洲の旗... | トップ | 【韓国】:朴大統領を窮地に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。