乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【[米・NY]】:「標的の村」上映 企画者「基地は反人道的」

2016-12-04 23:55:35 | 在日米軍基地・再編問題・防衛・武器

【[米・NY]】:「標的の村」上映 企画者「基地は反人道的」

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【[米・NY]】:「標的の村」上映 企画者「基地は反人道的」

 【知花愛実通信員】オスプレイ配備に反対する沖縄の人たちの姿を追ったドキュメンタリー映画「標的の村」が5月21日、マ ンハッタン区内にあるニューヨーク市立大学大学院のセガル講堂で上映された。上映会はニューヨークを中心に活動する市民団体連盟アジア・パシフィックアイ ランダー・ピープル・ソリダリティ(APIPS)と同大学院プレイス・カルチャー・ポリティクスセンターの共同主催。70席の会場はすぐに埋まり、立ち見 の観客もいた。

            「標的の村」の上映会の様子=5月21日、ニューヨーク市立大学大学院セガル講堂

 APIPSは2014年4月にオバマ米大統領がアジアを歴訪し、外交・通商政策の「アジア旋回」およびTPP(環太平洋経済連携協定)交渉推進を強調したことを受け、ニューヨーク市内で活動。

 同政策に反対するアジア系の市民団体らがアジア・パシフィクアイランダーらの草の根レベルでの連盟を目的に形成された。TPPに付随しアジア太平洋地域における軍事強化を進める同政策を「帝国主義的米ヘゲモニー」と批判し、注意を促す活動をしている。

 企画者の一人で、昨年名護市辺野古や東村高江を訪れたという殿平有子さんは「環境問題も大事だが、沖縄の人々の複雑な思いや基地に直面する生活など、人道に反した基地を知ってほしい」と語った。

 観客からは「沖縄は韓国やプエルトリコなど、同様に米軍基地の問題を抱えている人々との連携をもっと探すべきだ」などの声が上がった。

 元稿:沖縄タイムス社 主要ニュース 政治 【地方自治・沖縄県・米国・在日米軍基地・辺野古移設問題】  2015年06月01日  05:40:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【高江ヘリ着陸帯建設工事】... | トップ | 【標的の村】:国に訴えられ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。