乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【IS拠点】:モスルの奪還作戦を開始 イラク首相が宣言

2016-10-17 15:15:40 | 国際・欧州・中東・アフリカ・北米・南米

【IS拠点】:モスルの奪還作戦を開始 イラク首相が宣言

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【IS拠点】:モスルの奪還作戦を開始 イラク首相が宣言

 【カイロ=中村禎一郎】AFP通信によると、イラクのアバディ首相は十七日、テレビ演説し、過激派組織「イスラム国」(IS)が国内最大の拠点とする北部モスルの奪還作戦開始を宣言した。モスルはイラク第二の都市。奪還に成功すれば、対IS掃討で最大の戦果となる。

写真

 アバディ氏は「ISの暴力とテロリズムからあなた方(モスル住民)を解放する作戦の始まりを宣言する」と述べた。

 ただ、奪還作戦に伴う戦闘により多くの犠牲者が出る恐れがある。また、モスル住民はイスラム教スンニ派が多数を占める。シーア派が中心となっているイラク軍への反発も懸念されている。

 モスルは二〇一四年にISに奪取された。ISはその後、イラクで支配地域を広げ、一時はイラク全体の約三分の一を支配した。しかし、最近は米国主導の有志国連合やイラク軍、クルド人部隊に押され劣勢が鮮明となっている。モスル奪還が実現すれば、ISはイラク国内の支配地をほぼすべて失うことになる。

 イラク軍は今年六月に中部の重要都市ファルージャを制圧し、モスル進攻の時機をうかがっていた。アバディ氏は昨年十二月、一六年中にモスルを奪還する決意を表明している。

 元稿:東京新聞社 夕刊 主要ニュース 国際 【中東・イラク・イスラム過激派組織「イスラム国」(IS=Islamic State)】  2016年10月17日  15:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『中東』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米海軍の最新鋭ステルス艦就... | トップ | 【中国】:有人宇宙船打ち上... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。