乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【HUNTER】:税金でメディア支配 ― 市長選の年、福岡市の広告費4倍に

2017-03-07 09:30:20 | 地方行政、自治・住民自治・議会

【HUNTER】:税金でメディア支配 ― 市長選の年、福岡市の広告費4倍に

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【HUNTER】:税金でメディア支配 ― 市長選の年、福岡市の広告費4倍に

高島 ビッグバン.png 今年4月、日本国内における「表現の自由」の状況を調査した国連の特別報告者が、権力側の圧力に委縮する報道機関の現状に警鐘を鳴らした。安倍一強が進むにつれ弱まる政権批判のトーン。だが、地方自治体ごとにある記者クラブは、何年も前から“権力の犬”状態だ。
 顕著な例としてこれまで度々取り上げてきた福岡市だが、高島宗一郎市長(写真)が2度目の市長選に挑んだ平成26年度に、同市がメディア各社に出した広報・宣伝などの委託費が、前年度の4倍近くにまで膨らんでいたことが分かった。
 2回に分けて、税金による報道支配の実態を検証する。

 ■広告で報道コントロール
 福岡市の関係者によれば、「広告を出しておけば、(報道を)抑えることができる。民間だってやってるでしょう」が高島市長の持論。民放テレビのアナウンサーあがりでメディアの現実を知っているだけに、報道をコントロールする術を知っているのだという。
 
 福岡市における広告・宣伝費の推移はどうなっているのか――市への情報公開請求で、平成26年度から今年7月までに、市及び市の外郭団体が新聞・テレビ やその系列企業と結んだ広告・宣伝などの委託実態を調べ、一覧表にまとめた。ちなみに、福岡市長選が行われたのは平成26年12月である。

fukuoka_keiyaku.jpg ■市長選の年、急増した広告・宣伝費
 高島氏が二期目の当選を決めた26年度は、約1億7,065万円の支出。それが、27年度には7,471万円と半分以下に急落していた。高島氏の市長就任は平成22年12月。22年度からの広告・宣伝費の推移を振り返るとこうなる。

1-.png

 高島氏の就任前、毎年4,000万円台だった広告・宣伝費の契約額が23年度には約6,400万円に上昇。24年度には約9,200万円に急伸し、25年度に4,500万円といったん落ち着き、市長選の年に一気に1億7,000万円に達していた。前年の約4倍。翌年度には約7,500万円と半部以下に落ち込んでおり、市長選の年の突出ぶりが際立つ形だ。“税金を使って選挙に不利な報道を排除したのではないか”――そうした疑念を持たれてもおかしくあるまい。

 「広告を出しておけば、(報道を)抑えることができる」――。市長のこの言葉を裏付けるように、高島市政下で、市や市長を厳しく批判する報道は影 を潜めている。東京往復にさえファーストクラスを使うという、でたらめな出張の現状。半額公費で東京滞在を延ばして遊び回る姿勢。犯罪者からの政治資金提 供……。議会で追及を受けたことさえ、記事にしないというのが市政記者クラブの現状だ。つまりは権力の犬の集まり。発表モノや、市長の施策を持ち上げる報 道ばかりで、市政の実相が市民に伝えられることはない。税金によるメディア支配が、いよいよ福岡市を歪めている。

 次稿で、福岡市が発注する広告・宣伝費の詳細について報じる。

 元稿:HUNTER 主要ニュース 政治・社会 【社会ニュース】  2016年08月30日  08:25:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 

『福岡県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【HUNTER】:福岡・高... | トップ | 【HUNTER】:福岡市役... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。