乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

ネットへの「同時配信」、課題を検証へ…高市氏

2016-10-18 20:39:30 | 新聞社・マスコミ・雑誌・ミニコミ

ネットへの「同時配信」、課題を検証へ…高市氏

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:ネットへの「同時配信」、課題を検証へ…高市氏

 高市総務相は18日の閣議後の記者会見で、放送と同時にインターネットで番組を流す「同時配信」の課題を有識者会議で検証する方針を示した。

 今後、スマートフォン向けの番組配信が拡大すると見込まれ、通信システムに与える負荷などの技術的な課題や、設備利用の負担をどうするかといった議論を本格化させる。

 NHKや民放各社は若者の「テレビ離れ」に対応するため、同時配信の実証実験を進めている。テレビだけでなく、スマートフォンなどでも番組を見られるようになれば、視聴者の確保につながると期待される。

 ただ、同時配信が拡大すると、特定の時間に視聴が集中するなどした場合、既存の通信システムに過度の負荷がかかる恐れがある。新たなシステムの整備が必要になれば、放送事業者による費用の負担が求められる可能性もある。

 元稿:讀賣新聞社 主要ニュース 経済 【産業・ビジネス】 2016年10月18日  20:39:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

ジャンル:
ネット
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【韓国】:「原潜建造論」急浮上 | トップ | 【両陛下】:子供支援法人の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。