乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【オスプレイ】:今月下旬にも木更津へ 整備拠点化の地ならし

2016-10-17 06:15:45 | 【オスプレイV22・垂直離着陸輸送機

【オスプレイ】:今月下旬にも木更津へ 整備拠点化の地ならし

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【オスプレイ】:今月下旬にも木更津へ 整備拠点化の地ならし

 日米両政府は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に配備されている新型輸送機オスプレイについて、十月下旬にも定期整備拠点に選定された陸上自衛隊木更津駐屯地(千葉県木更津市)に飛来させる方向で調整に入った。政府関係者が十六日明らかにした。

写真

 渡辺芳邦木更津市長ら地元関係者が試乗する予定で、安全性をアピールする狙いがある。地元の理解促進につなげたい意向だ。防衛省は騒音測定の実施も検討している。

 安倍晋三首相は十三日の参院予算委員会で、年内実現を目指す米軍北部訓練場(沖縄県国頭村、東村)の部分返還などと並ぶ沖縄の負担軽減策の一環として、同駐屯地の整備拠点化の準備を加速する考えを強調していた。

 防衛省は昨年十月、同駐屯地が整備拠点に選定されたと発表。米海兵隊は五年に一回程度の定期整備を想定しており、来年一月ごろから始まる見通しだ。普天間飛行場所属の二十四機が対象で富士重工業が請け負う。

 首都圏では二〇一四年七月以降、厚木基地(神奈川県)や横田基地(東京都)に飛来した例があるが、千葉へは初めて。今年四月、木更津駐屯地に来る予定だったが「米軍の運用上の都合」で見送られていた。

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 政治 【政策・在日米軍基地・オスプレイ配備】  2016年10月17日  06:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【北朝鮮】:ミサイル発射失... | トップ | 【新潟県知事選】:安倍政権... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。