乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【東京都】:石原氏「地下にコンクリ箱」 在任中の08年 豊洲土壌対策で

2016-09-19 07:10:35 | 地方行政、自治・住民自治・議会

【東京都】:石原氏「地下にコンクリ箱」 在任中の08年 豊洲土壌対策で

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【東京都】:石原氏「地下にコンクリ箱」 在任中の08年 豊洲土壌対策で

 東京都が築地市場の移転先とする豊洲新市場予定地(江東区)で、土壌汚染対策で行うとしていた盛り土を主要建物の地下で行っていなかった問題で、豊 洲移転方針を決めた石原慎太郎知事(当時)が在任中の2008年に、予定地の地下にコンクリートの箱を埋める案に言及していたことが分かりました。今回の問題への石原氏の関与について、解明が求められます。

写真

(写真)石原都知事(当時)の定例会見=2008年5月30日

 石原氏はこの問題が発覚してから、「(盛り土がないことは)聞いていない。僕はだまされていた」(13日の民放テレビ)などと責任逃れの発言を繰り返しています。

 しかし、石原氏は専門家会議が土壌汚染対策を議論していた08年5月30日の記者会見で、インターネットで海洋工学の専門家が発言していたとし て、「(汚染された)土を全部さらった後、コンクリートの箱を埋め込むことで、その上に市場のインフラ(基盤)を支える。その方がずっと安くて早く終わる んじゃないかということだった」と紹介。「当局が説明している方法だけではなく、もっと画期的な方法があるんじゃないか」と、工法変更への期待を表明して いました。

 都の専門家会議は同年7月、汚染土壌を深さ2メートルにわたり掘削し、厚さ4・5メートルの盛り土を行うよう提言。都は08年11月の技術会議で「地下空間を利用する案」を紹介しましたが、翌年2月の技術会議報告書には地下空間利用案は盛り込まれませんでした。

 石原氏は、土壌汚染が発覚するたびに「びっくりした」「腰抜かした」などと言っていました。しかし、もともと豊洲移転計画自体、石原氏が01年に 築地市場の現在地再整備を打ち切って決定したものです。今回、盛り土問題で「だまされていた」と発言していますが、石原氏の関与の解明や責任の有無が厳し く問われる事態となっています。

 元稿:しんぶん赤旗 朝刊 主要ニュース 政治 【地方自治・東京都・築 地市場の移転予定地である豊洲新市場(江東区)で、土壌汚染対策の盛り土を行っていなかった問題】 2016年09月16日  07:10:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『東京都』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ヘリパッド阻止】:闘志健... | トップ | 【東京都】:「豊洲新市場の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。