乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

中国格安スマホが個人情報を無断収集 上海にメッセージや通話履歴

2016-11-18 15:11:00 | 外交・中国・台湾・尖閣国有化

中国格安スマホが個人情報を無断収集 上海にメッセージや通話履歴など自動送信

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:中国格安スマホが個人情報を無断収集 上海にメッセージや通話履歴など自動送信

 【ワシントン=小雲規生】中国企業が開発に関わったスマートフォン用の「ファームウエア」が、利用者に無断でテキストメッセージの内容などの個人情報を収集していたことが16日までに分かった。被害規模は不明だが、米紙ニューヨーク・タイムズは「世界中の格安スマホの利用者が大きな影響を受けている」と指摘している。

 同紙によると、ファームウエアは基本ソフト「アンドロイド」が搭載されたスマホ向けで、上海を拠点とする「上海アドアップス・テクノロジー」が開発した。米政府は、広告目的の情報収集か中国政府による諜報活動かは定かでないと説明している。

 米セキュリティー企業クリプトワイヤーが15日に発表した報告書によると、米BLU社の格安スマホに搭載されたファームウエアが、利用者の同意なしに個人情報を上海にあるアドアップスのサーバーに送信していた。スマホを自動アップデートするプログラムが組み込まれており、1~3日に1回のペースでテキストメッセージの全文や電話帳、通話履歴などを収集していたという。

 ニューヨーク・タイムズによると、アドアップスは中国、日本、インド、台湾に拠点を持ち、中国の華為技術(ファーウェイ)や中興通訊(ZTE)のスマホなど、端末7億台にファームウエアを提供している。米国土安全保障省は「政府の担当部署や民間の関連企業とともに適切な対応を検討している」という。

 アドアップスは16日の声明で、迷惑メールや勧誘電話を排除したいというスマホメーカーからの要望で、メッセージの文面や電話帳の情報を収集することがあると説明。今回の問題は、他のメーカーの要望で開発したプログラムが誤ってBLU社の格安スマホに導入されて起きたとし、謝罪する意向を示している。

 元稿:夕刊フジ 主要ニュース 政治・社会 【社会ニュース】  2016年11月18日  15:10:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 

『ケータイ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【財政審建議】:「高齢者負... | トップ | 中国宇宙船「神舟11号」帰... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。