乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【東京都】:豊洲「盛り土」責任者10人程度に ■都が絞り込み

2016-10-29 06:05:40 | 地方行政、自治・住民自治・議会

【東京都】:豊洲「盛り土」責任者10人程度に ■都が絞り込み

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【東京都】:豊洲「盛り土」責任者10人程度に

 ■都が絞り込み

 豊洲市場(東京・江東)の建物の地下に盛り土をしなかった問題で、東京都が地下空間の建設を決めた責任者について、当時の中央卸売市場長だった中西充副知事や担当部長ら10人程度に絞り込む方向で調整していることが29日、わかった。地下空間の建設を決めたとする時期は2010年11月から11年10月の間で最終調整する。

記者会見する中西充副知事(9月30日、都庁)=共同

         記者会見する中西充副知事(9月30日、都庁)=共同

 小池百合子知事は11月1日に臨時会見を開き、盛り土問題に関する第2次の内部検証報告書を公表する。都は小池知事の公表まで2次報告書の内容を精査する。

 都は中央卸売市場が基本設計を始め、特記仕様書にモニタリング空間と記載した10年11月から、地下にモニタリング空間を建設する方針を確認する部課長会議が開かれた11年8月、実施設計を契約した同10月までを、地下空間の建設の決定時期に絞り込む。

 この期間の中でも、部課長会議のほか、局として機関決定した11年9月までに焦点をあてるとみられる。この当時の市場長は中西氏だった。

 9月末に公表された第1次報告書では、地下空間の建設は08年から13年までの5段階で進んだと分析する一方で、決定者は特定していなかった。小池知事は28日の記者会見で、第1次報告書は「十分な解明に至らなかった」としたうえで「様々なメモや会議録を精査し、改めて報告するよう事務方に指示していた」と述べていた。

 元稿:日本経済新聞社 主要ニュース 社会 【話題・東京都が豊洲市場(江東区)の建物の地下に盛り土をしなかった問題】  2016年10月29日  12:08:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『東京都』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【東京都】:豊洲「盛り土せ... | トップ | 【横浜の小1死亡】:軽トラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。