乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【東京都】:「豊洲土壌汚染」 都専門家会議が会見 座長「検証に時間かかる」

2016-09-19 07:10:55 | 地方行政、自治・住民自治・議会

【東京都】:「豊洲土壌汚染」 都専門家会議が会見 座長「検証に時間かかる」

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【東京都】:「豊洲土壌汚染」 都専門家会議が会見 座長「検証に時間かかる」

 東京都の小池百合子知事は、築地市場の移転予定地である豊洲新市場(江東区)で、土壌汚染対策の盛り土を行っていなかった問題などの検証を行う土壌 汚染対策の専門家会議を再び設置しました。座長の平田健正(たてまさ)放送大学和歌山学習センター所長は17日、都庁で会見し、検証には時間がかかると述 べました。小池百合子知事が来年1月以降に延期した豊洲新市場の開場時期の判断は、大幅に遅れる見通しです。

 平田氏は、「4・5メートルの盛り土をするという前提が崩れたので、あらためて現在の豊洲市場の安全性を検証する必要がある」と強調。市場建物の地下空間にたまっている水や、周辺地下水の調査を始めていると述べました。

 日本共産党都議団が独自に取水し、16日に発表した青果棟地下のたまり水の水質検査結果でヒ素が検出されている問題について「地下水の影響を受け ている可能性を否定できない」と指摘。「もし、地下から水が上がってきていて、その中にベンゼンなどの揮発性の物質が含まれていれば、そこから地下空間に 気化する可能性があることが懸念される」と述べました。

 また、専門家会議の検証の結論については、「すぐに終わる問題ではない。いつまでにというのは予想がつかない」としました。

 専門家会議は2008年7月に土壌汚染対策として4・5メートル盛り土することを提言。しかし、都は食品を扱う売り場施設などの地下の盛り土工事を行わず、地下空間であったことが共産党都議団の調査で判明し、大問題になっています。

 元稿:しんぶん赤旗 朝刊 主要ニュース 政治 【地方自治・東京都・築地市場の移転予定地である豊洲新市場(江東区)で、土壌汚染対策の盛り土を行っていなかった問題】 2016年09月18日  07:10:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『東京都』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【東京都】:「豊洲新市場」... | トップ | 【GPIF】:筆頭株主にズ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。