乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【東京都】:豊洲地下の水位は依然高いまま 盛り土「汚染」の恐れも

2016-10-28 15:03:27 | 地方行政、自治・住民自治・議会

【東京都】:豊洲地下の水位は依然高いまま 盛り土「汚染」の恐れも

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【東京都】:豊洲地下の水位は依然高いまま 盛り土「汚染」の恐れも

 東京・豊洲新市場の建物下の地下空間に大量の地下水がたまっている問題で、地下水を浄化・排水して水位を一定に保つ「地下水管理システム」がフル稼働して2週間近くたっても、地下水の水位がいまだ下がっていないことが分かった。

9月の地下空間の調査(C)日刊ゲンダイ

        9月の地下空間の調査(C)日刊ゲンダイ

 都はこのシステムで、荒川の水位を0メートルとした場合、敷地内の水位を1.8メートル以下に保つとしており、敷地内の21カ所で水位を観測している。都は今月14日にシステムを本格稼働させたが、その後も計画水位まで下がらず、26日の観測では2.4~4.2メートル。最大で計画より2.4メートルも高い水位を記録した。

 都は「夏の豪雨で地下水位が想定よりも高い。井戸にしみ出た水をくみ上げる仕組みで、水位低下には相当な時間がかかる」と説明している。

 敷地内の地下水からは今年9月、環境基準を上回るベンゼンが検出された。地下水位が下がらなければ、汚染土壌の有害物質が地下水に溶け込み、盛り土が汚染される恐れも指摘されている。盛り土が汚染されたら、移転計画に大きな支障が出るのは間違いない。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 社会 【話題】  2016年10月28日  15:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『東京都』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【経済ニュースの核心】:国... | トップ | 【ロシア】:プーチンが北方... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。