乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

{社説①}:朴大統領の謝罪 これで収拾できるのか

2016-11-07 02:44:25 | 【外交・韓国・従軍慰安婦、竹島問題】

{社説①}:朴大統領の謝罪 これで収拾できるのか

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:{社説①}:朴大統領の謝罪 これで収拾できるのか

 韓国の朴槿恵(パククネ)大統領がきのう、検察の捜査を受け入れるという談話を発表した。親友の崔順実(チェスンシル)容疑者による国政介入疑惑によって引き起こされた混乱の収拾を狙ったものだが、国民に受け入れられるかは疑問だ。

 朴大統領は一連の事件について謝罪したうえで、「特定の個人が違法行為を働いたことは残念だ」と述べた。自らが責任を負う覚悟は示したものの、その前提として罪を犯した人が相応の責任を取らねばならないと強調した。

 これでは自らの責任を明確にしたとは言えない。

 朴大統領の窮状は、過去の政権が任期末に苦しんだものとは異質だ。まったく専門性を持たない民間人である崔容疑者が国政に介入していたという疑惑が、財団設立を巡る金銭スキャンダルよりも強い反感を持たれている。

 朴大統領は談話の中で、崔容疑者が青瓦台(大統領府)に出入りしていたと初めて認めた。先日は演説文を事前に見せたことを認めている。

 崔容疑者との関係を小出しに認める対応は不信感を強めかねない。朴大統領には、もっと明確な説明が求められる。

 韓国国民の不信感は高まっており、外交や対北朝鮮政策への介入まで疑う声が出ている。

 慰安婦問題を巡る昨年末の日韓合意への反対論に利用されれば、在韓日本大使館前の少女像移転にも悪影響を及ぼしかねない。北朝鮮の核・ミサイル問題での日米韓連携に与える影響も心配だ。

 今回の問題の根底には、独断専行という朴大統領のスタイルがある。以前から改善すべき課題だと指摘され続けてきたことだ。

 事態収拾のため首相を交代させるという人事案を巡っても、その傾向は改まらなかった。事前の相談を要求していた野党に事後通告しかしなかったのだ。正式な任命には野党が過半数を握る国会の同意が必要なため、人事案は宙に浮いている。

 独断専行を改めなければ、国政の停滞を解消することはできまい。

 談話発表に当たっても記者の質問を受け付けなかった。国民に理解を求めるためには、もっと丁寧な説明が必要だ。

 韓国では、政府批判の集会は土曜日に行われることが多い。きょうもソウル都心で大統領退陣を求める大規模集会が開かれる。

 大統領支持率は10%以下に落ち込み、固い支持層だった保守派からも弾劾や下野の可能性を語る声が出始めた。今までの政権が直面した任期末の苦境と比べても、韓国世論の悪化ぶりは際立っている。

 今のような対応では混乱の収拾を望むことは難しいだろう。

 元稿:毎日新聞社 東京朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【社説】  2016年11月05日  02:57:00 これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« {社説②}:山本農相 担当閣僚... | トップ | 【余録】:育児放棄やいじめ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。