乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【余録】:「よく詩を書いていた。詩人には…

2016-10-16 03:22:10 | 【ノーベル賞(物理学・科学・生理学・医学

【余録】:「よく詩を書いていた。詩人には…

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【余録】:「よく詩を書いていた。詩人には…

 「よく詩を書いていた。詩人には働き口がないから心配だった」。かつてこう語っていたのはボブ・ディランさんの母親のビーティーさんだった。高校ではバンドに熱中していた息子だが、親はそれが「働き口」とは思わなかったらしい▲1962年ごろから急に自分の歌う曲作りに熱中し出したのは「自分の歌いたい曲はまだ存在していない」ことに気づいたからだった。フランスの詩人ランボーの「わたしはべつのだれかである」という一節を目にして、頭の中の鐘が「一気に鳴り始めた」のだった▲そのころ仲間とビールを飲みながらの演奏の後、家に帰って一気に書き上げたのが「風に吹かれて」だったといわれる。60年代を知る人なら、そのくり返される静かな問いかけが旧来の価値観に否(いな)を突きつける世界的激動の背後に常に流れていたのを耳にしていよう▲それから半世紀。「ライク・ア・ローリング・ストーン」の題名そのままに、絶えず新たな境地を求めて表現の地平を広げてきたディランさんに与えられるノーベル文学賞である。だが音楽アーティストへの文学賞には欧米の文学界から批判の声も出ているやに聞く▲ただそれをいうなら、賞の事務局が古代ギリシャの詩人ホメロスを例にしたように、詩の原点が洋の東西を問わず詠(よ)み歌われるものだったのを思い起こしてもいい。身体から切り離された文学に対し、「声の文芸」を復活させたノーベル賞の新機軸(しんきじく)というべきなのか▲「どんなレッテルを貼られてもかまわない。歌うためならね」もディランさんの言葉である。当人にはノーベル文学賞も新たなレッテルの一つにすぎまい。

 元稿:毎日新聞社 東京朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【余録】  2016年10月15日  03:37:00 これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

ジャンル:
歌手
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【大卒内定】:6年連続増 ... | トップ | {社説②}:参院選違憲状態 抜... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。