乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

年内1万9000円台も 市場を強気にさせる年末株価の“4連勝”

2016-10-15 15:03:40 | 金融・財政ニュース

年内1万9000円台も 市場を強気にさせる年末株価の“4連勝”

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:年内1万9000円台も 市場を強気にさせる年末株価の“4連勝”

 2日連続で値下がりした株価は14日に反転、前日比82円高の1万6800円台に戻すも、今週初めに約1カ月ぶりに回復した1万7000円は割り込んだまま。兜町はさぞかしガッカリだろうと思ったら、意外にも活気があった。

年末はこの水準?(C)日刊ゲンダイ

          年末はこの水準?(C)日刊ゲンダイ

 「利益確定の売りが先行しただけで、上昇基調は変わっていません。米大統領選でトランプが勝つと起きかねない“トランプ・ショック”の可能性は薄れてきたし、ドイツ銀行の経営危機も山を越した感じです。そこに円安が加わった。ここから先は株高でしょう」(市場関係者)

 市場にとって心強い統計がある。大和証券の佐藤光シニアテクニカルアナリストが調査した「投資の日(10月4日)から年末まで」の日経平均騰落率だ。2015年が7.4%上昇で、14年は11.1%、13年は16.2%、12年は17.8%アップと、4年連続で株高なのだ(別表①参照)。

 「株価は秋に低迷し、そこから年末にかけて上昇していく傾向があります。今年も上昇していくとみています」(佐藤光氏)

 10月は「魔の月」ともいわれ、暗黒の木曜日(1929年)やブラックマンデー(87年)など、何度も暴落を経験している。株式アナリストの櫻井英明氏が言う。

 「見方を変えれば、秋は株価が安くなるので仕込み時だということです。投資の日と年末の株価を比べると、過去4年の平均上昇率は13・1%。今年にあてはめると、年末の日経平均は1万8928円になります。1万9000円台もあると思っています」

 ■狙い目はデフレ・TPP関連

 投資するなら、どんな銘柄がいいか。株式評論家の倉多慎之助氏はこうみる。

 「デフレ関連の株高が続いています。節約志向は高まりつつあるし、関連銘柄は一段高の期待が持てます。もうひとつは、TPP関連でしょう。オバマ大統領は任期中(来年1月)に関連法案を批准させる可能性が高い。TPPで恩恵を受けそうな農業や医療関連がオススメです」

 市場が注目するデフレ関連は、サラリーマンの「ちょい飲み」需要を取り込んで業績好調の日高屋(社名・ハイデイ日高)や、100円ショップのセリアなど。TPP関連はサカタのタネやカネコ種苗、テルモ、オリンパスあたりだ(別表②参照)。

 年末の日経平均が1万9000円だとすると、現状とは約2000円の開きがある。今こそ投資チャンス?

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース ビジネス 【株式・投資ニュース】  2016年10月15日  15:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

『株』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 発火スマホ生産中止 “サムス... | トップ | 【米大統領選】:女性たちが... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。