乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

余罪10件? 列車内“女性スニーカー泥棒”の呆れた動機

2016-10-12 15:02:50 | 事件・犯罪・疑惑

余罪10件? 列車内“女性スニーカー泥棒”の呆れた動機

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:余罪10件? 列車内“女性スニーカー泥棒”の呆れた動機

 列車の中で女性の靴を盗む――。こんな事件が島根県で起きた。

 県警松江署に捕まったのは松江市の会社員・伊藤哲也容疑者(43)。今月8日、午後10時50分から午後11時50分ごろ、JRの特急「やくも」の座席で眠っていた女性(20)の右足のスニーカーを脱がせて盗んだ疑いだ。

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

         写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

「女性は広島の専門学校に通う学生で、松江の実家に一時帰省し、関西に出かけて日帰りで帰宅する途中でした。目が覚めてクツがないことに気づき、周囲の人も一緒に捜していた。それを聞いた鉄道警察隊が車両に乗り込んだのです」(捜査事情通)

 実は2013年9月以降、やくもの車内で夜間に女性のスニーカーやパンプス、サンダルが盗まれる事件が約10件起きていた。いずれも土日の深夜、通路側の席で眠っている女性の片方の靴を脱がす手口だ。

 警察は被害者の話から犯人が30~40代で髪が短く、メガネをかけていることを突き止めていた。そのため同じ車両に乗っていた伊藤容疑者を怪しいとにらみ、職質をかけたところ、自分が盗んだと認めた。伊藤容疑者が膝に置いたリュックを捜査員が調べたところ、女性のスニーカーが出てきた。警察は過去の10件も伊藤容疑者の犯行とみて捜査している。

 「これまでの犯行はいずれも深夜0時前後に松江駅に着く列車で起きている。伊藤容疑者が盗み、松江で下車した可能性は高い。伊藤容疑者は取り調べで“自分の好きな若い女の子の困った顔を見たかった”と供述。実際、逮捕されたときは被害者の3列前の席に座っていました。女性の靴フェチで、匂いを嗅いで楽しむような趣味があったともみられています」(前出の捜査事情通)

 伊藤容疑者は松江市内の土建屋に勤め、家族がいるという。妻や子に合わせる顔がないだろう。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 事件 【犯罪・疑惑ニュース】  2016年10月12日  15:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『島根県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新垣隆氏の証人出廷ある? 佐... | トップ | 総額11億円詐取か 三井住友銀... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。