乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【南風】:秋の夜長と不摂生

2016-10-13 09:41:30 | 社説・解説・コラム

【南風】:秋の夜長と不摂生

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【南風】:秋の夜長と不摂生

 秋の夜長。ベッドでゴロゴロしながらの読書タイムもいつも以上に長くなる。そろそろ、あともう少し、とページをめくるのをやめられずにいたら、眠れなくなってしまった。

 夜更かしは体に良くないと分かっているものの、今夜も目がさえて寝付けない。手に負えない自分を何とかなだめようと「眠くなる方法」を案じると真っ先に浮かんだのが、おなかを満たすことだった。

 そうだ、ヨーグルトにしよう! ちょこっと食べればカロリーも少なくてすむし、ぱぱっと食べて、空腹を紛らわせられれば、眠気もやってくるに違いない。いそいそと冷蔵庫の扉を開けて、奥に冷やしてあった容器を手前に引き出す。その拍子で前にスライドされたのが明太子だった。

 消費期限に目を合わせてしまったのがよくなかった。今日までだ。あと数分で明日になろうという時刻。食べ物を粗末にしてはいけない。

 かくしてメニューは明太子に変更された。単品だと刺激が強すぎて食べながら朝を迎えてしまいそうなので、うどんとあえることにした。

 夜更けのラーメンが美味(おい)しいとはよく聞くが、食欲のブレーキがなかなか利かないのも真夜中の魔法なのかもしれない。

 レンジでほかほかにした冷凍うどんにバターを添えて、明太子を加える。シンプルイズザベスト。やめられないとまらない美味しさだ。

 あぁ、太るなぁ。カロリー消費を気にしながら長く歩いたあの距離も、そしてジムで踏ん張ったトレーニングも体重減少に反映されないと嘆きつつも、箸をおけない。

 小腹を満たすどころか腹いっぱい。完食したら遅れてやってきた眠気とともに、夢の中へ。自らの不摂生を季節のせいにしたくなる食欲の秋である。(金城奈々絵、ラジオ沖縄アナウンサー)

 元稿:琉球新報社 主要ニュース 社説・解説・コラム 【南風】 2016年10月13日  09:41:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

ジャンル:
食と健康・美容
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【南風】:味噌汁の冷めない... | トップ | 【デスク日誌】:カチャッ、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。