乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

エルメス、おこしやす…期間限定で祇園に出店

2016-10-14 08:17:30 | 産業・経済・企業・ビジネスニュース

エルメス、おこしやす…期間限定で祇園に出店

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:エルメス、おこしやす…期間限定で祇園に出店

 祇園・花見小路通(京都市東山区)に、フランスの有名高級ブランド「エルメス」が11月3日から来年7月末までの期間限定で出店する。

 入居する店舗を運営する大丸京都店(同市下京区)が13日に発表した。八坂神社や建仁寺にも近く、和の風情を楽しめる人気のエリアで、急増する外国人旅行客を取り込みたい考えだ。

 元お茶屋の建物を改築した2階建て店舗(延べ約210平方メートル)に入居する。南北約1キロの花見小路通は祇園甲部歌舞練場も近く、昔ながらのお茶屋や飲食店が並ぶ景観に調和させるため、店舗は京町家風のデザインとした。

 花見小路通では新規出店も含めて飲食店が多いことから、海外有名ブランドの出店で、より多くの旅行客を呼び込む効果が期待されている。大丸京都店によると、エルメスの入居期間終了後も有名ブランドを誘致する計画という。

 これまで、大丸京都店はエルメスの時計だけを扱ってきた。一方、高島屋京都店(同)のエルメスは、人気のバッグや婦人・紳士衣料など商品の取り扱いが豊富。花見小路通に品ぞろえの充実した路面店を出店させることで、“ライバル”に対抗する狙いがある。

 元稿:讀賣新聞社 主要ニュース 経済 【企業・産業】  2016年10月14日  08:17:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『京都府』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【翁長知事】:「新基地造ら... | トップ | 【冷蔵倉庫】:脱フロン策強... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。