乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【私設・論説室から】:沖縄の「かくれ念仏」東京へ

2016-10-12 01:30:20 | 【終戦・敗戦・世界大戦・靖国問題】:

【私設・論説室から】:沖縄の「かくれ念仏」東京へ

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【私設・論説室から】:沖縄の「かくれ念仏」東京へ

 小さな仏が百体、ガマ(洞窟)の中に並んでいる。沖縄の彫刻家、金城実さん(77)がセメントとしっくいの泥をこね、東京の民家の庭で作っているのは「かくれ念仏」の像だ。

 沖縄戦をはじめ、思想犯として処刑された社会主義者、日本の加害責任を伝える朝鮮人の強制連行など、金城さんは反戦や権力への抵抗をモチーフにした作品で知られる。新たな念仏像もまた、沖縄で実際にあった宗教弾圧の史実に光を当てるものだ。

 一六〇〇年代以降、沖縄で一向宗(浄土真宗)は侵攻した薩摩藩によって弾圧された。キリスト者に対する弾圧はよく知られているが、為政者は不都合な仏教者にもまた激しい弾圧を加えたのだ。念仏者はそのまま、今日の沖縄の姿ではないだろうか。

 政府は名護市辺野古の米軍新基地に続いて今夏、沖縄本島北部のやんばるの森でヘリパッド建設を再開した。全国の機動隊と警察車両を大動員し、工事に反対する市民を排除する。「人々が警官の暴力に痛めつけられ、憲法が保障する人権も、表現の自由も無視。これが弾圧でなくて何なのか」。自然破壊もすさまじい。沖縄への差別に鈍感どころか、牙をむき出しにする政府に金城さんは怒りしかない。

 念仏は沖縄の祭りエイサーの原型となった。弾圧に屈せず信仰を守り抜いた念仏者たち。そのつよく自由な精神は東京の人たちをも奮い立たせるだろう。 (佐藤直子)

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【私設・論説室から】  2016年10月12日  01:30:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【9歳女児】:生後2か月で... | トップ | 【筆洗】:笑いを提供する喜... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。