乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【春秋】:多くの雲水が修行する曹洞宗の大本山、福井県の永平寺では・・・

2016-10-19 03:30:30 | 【女性の活躍を推進、女性が輝く社会】:

【春秋】:多くの雲水が修行する曹洞宗の大本山、福井県の永平寺では11月末になると沢庵(たくあん)漬けを仕込む。

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【春秋】:多くの雲水が修行する曹洞宗の大本山、福井県の永平寺では11月末になると沢庵(たくあん)漬けを仕込む。

 使う大根は1万本以上。深さと直径が1.3メートルのおけに塩やぬかを敷き、大根を並べる。わらじ履きの足で押し、漬物石でさらに圧をかける。食べられるのは翌年夏からだ。

 ▼下押しの圧力は漬物のうま味をぐっと増す。しかし、消費者物価にとっては厄介だ。指数が8月まで半年続けて前年同月を下回った、との報には「デフレ脱却、黄信号」の見出しが躍っていた。日銀は物価見通しのさらなる下方修正を検討中とかで、黒田総裁の任期の2018年4月までの2%の目標達成は難しいらしい。

 ▼内閣府によるデフレの定義は「物価の持続的な下落」で、デフレ脱却は「その状況を脱し、再びそうした状況に戻る見込みがないこと」だそうだ。日銀は先月の総括的な検証で「デフレではなくなった」と記し、安倍首相も「デフレではない状況を作り出した」と自賛するが、現実の数字と比べて、素直には受け取れない。

 ▼小売りの勝ち組も低価格衣料店や100円ショップだ。将来への不安や賃金低迷などの重しで、人々には節約志向が古漬けの味のように染みついた。ここは熟議と決断で構造を打破する政治の出番である。しかし、女性の活躍で成長を促すはずの配偶者控除廃止はいきなりの肩透かし。「失われた」歳月はいつまで続くか。

 元稿:日本経済新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【春秋】  2016年10月18日  03:30:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« {社説①}:自民党改憲草案 ... | トップ | 【社説②】:原発の不安解消に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。