乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【法制審】:配偶者3分の2相続「困難」 意見公募で反対多く

2016-10-18 20:24:30 | 政治・政策・行政・政局ニュース

【法制審】:配偶者3分の2相続「困難」 意見公募で反対多く

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【法制審】:配偶者3分の2相続「困難」 意見公募で反対多く

 相続法制の見直しを検討する法制審議会(法相の諮問機関)の部会は18日、遺産分割時の配偶者の法定相続分を現行の2分の1から「3分の2」に引き上げることなどを柱とした中間試案について、「試案のままで議論を進めるのは困難」との意見で一致した。同審議会は今後、試案の修正か、代案を検討する。

 法制審は6月、中間試案をとりまとめた。法務省が7〜9月に意見公募を実施したところ、「配偶者の相続分のみを一律に増加させることは相当ではない」などの反対意見が多数を占めたという。法制審はこの結果を受けて判断した。

 中間試案は、配偶者の相続分を(1)結婚後に相続財産が一定以上増加した(2)婚姻期間が長期だった−−などの場合に増加させるものだった。しかし、意見公募の結果、(1)について「婚姻後の財産増加額の算定を巡って相続の紛争が複雑化する」、(2)については「夫婦関係が破綻して、配偶者の貢献が認められない場合でも相続分が増加し、公平を害する」など、いずれも反対意見が多数だったという。意見公募には団体や個人から計167件の意見が寄せられた。【鈴木一生】

 元稿:毎日新聞社 主要ニュース 社会 【話題】 2016年10月18日  20:24:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

『家族』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【核ごみ処分場】:選定基準... | トップ | 【相撲協会】:春日山2力士... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。