乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【春秋】:30年前、相互銀行の乱脈融資が刑事事件になった。

2016-11-07 03:30:30 | 【政治とカネ、政治資金・政務調査・活動費

【春秋】:30年前、相互銀行の乱脈融資が刑事事件になった。

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【春秋】:30年前、相互銀行の乱脈融資が刑事事件になった。

 無理な貸し付けを通したり、金融当局の検査が入ったりするたび、契約書などの書類が偽造されていたという。不法な行いが銀行内にはびこっていたこと自体驚くが、信じられなかったのはあまりに安直なその手口だ。

 ▼不動産鑑定書にある評価額「6億円」の数字にちょっと加筆して「8億円」にする。土地の売買をごまかすため登記簿謄本を切り貼りしてコピーする――。改ざんのあれこれを、当時銀行の関係者から聞いた。だがこんな安直な偽造行為はいまもまかり通っている。それを分かりやすく教えてくれたのが富山市議会である。

 ▼政務活動費を受け取る裏付けとして、市議会議員らが提出していたのもニセ領収書のオンパレードだった。白紙や自作の領収書に金額を書き込み、本物の領収書の金額にひと桁分書き足す。昭和を思わせるお手軽な工作が発覚して市議12人が次々と辞職する事態となり、定員を埋める「大型」の補欠選挙がきのう行われた。

 ▼冒頭の事件では逮捕者が相次ぎ、問題の相互銀行は大手都銀に吸収されて、なくなった。幸いなことに私企業ではない市議会は消滅はしないだろうが、失った信頼を取り戻す道は遠い。責任追及や再発防止の取り組みはここから始まることを忘れてはならない。よもや補選を市議会のみそぎなどと思ってはいないだろうが。

 元稿:日本経済新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【春秋】  2016年11月07日  03:30:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『富山県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« {社説①}:離婚後の養育 子ど... | トップ | 【社説②】:家庭教育を型には... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。