乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【モスル奪還作戦】:米「順調に成果」 「ISは抵抗、今後激戦も」

2016-10-18 15:15:35 | 事件・犯罪・疑惑

【モスル奪還作戦】:米「順調に成果」 「ISは抵抗、今後激戦も」

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【モスル奪還作戦】:米「順調に成果」 「ISは抵抗、今後激戦も」 

 【ワシントン=共同】イラク政府が過激派組織「イスラム国」(IS)の拠点があるイラク北部モスルの奪還作戦を開始したことについて、米国防総省のクック報道官は十七日の記者会見で、イラク政府軍などが初日の攻撃で「予定より早く目標を達成した」と述べ、奪還作戦が順調に成果を上げていると強調した。

 クック氏は一方で「ISは抵抗しており、今後さらに激しい戦闘が起きることもあり得る」と指摘し、奪還までには「ある程度の時間がかかるだろう」と述べた。米軍は後方支援に専念しているが、戦況次第でアパッチ攻撃型ヘリコプターを投入する可能性もあると説明した。

 クック氏はモスルのIS部隊の人数を三千~五千人と推定。一方、AP通信によると、作戦にはイラク軍やクルド自治政府の治安部隊ペシュメルガなど計二万五千人以上が参加している。ワシントン・ポスト紙はイラク軍幹部の話として、後方支援も含めると総勢は八万人に上ると伝えた。

 米軍は現在、イラクに五千人を展開。クック氏は、米軍部隊はイラク軍やペシュメルガへの助言や支援を行っていると説明した。米軍主導の多国籍軍は空爆で奪還作戦を支援している。

 元稿:東京新聞社 夕刊 主要ニュース 国際 【中東・アフリカ・イラク・イスラム過激派組織「イスラム国」(IS=Islamic State)】  2016年10月18日  15:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『中東』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【米大統領選】:クリントン... | トップ | 【安保理】:北のミサイル発... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。