乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

自宅に打ち上げ花火…自爆した男、爆発物自作か

2016-10-24 21:28:30 | 事件・犯罪・疑惑

自宅に打ち上げ花火…自爆した男、爆発物自作か

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:自宅に打ち上げ花火…自爆した男、爆発物自作か

 宇都宮市内で起きた連続爆発事件で、栃木県警は24日、殺人未遂容疑で現場検証を行い、同市針ヶ谷町の元自衛官、栗原敏勝容疑者(72)が自爆した宇都宮城址(じょうし)公園の現場から、乾電池やリード線などが複数発見されたと発表した。

栗原容疑者の自宅で行われた現場検証(24日午前、宇都宮市針ヶ谷町で)

   栗原容疑者の自宅で行われた現場検証(24日午前、宇都宮市針ヶ谷町で)

 全焼した栗原容疑者の自宅からは、複数の家庭用打ち上げ花火も見つかり、県警は栗原容疑者が爆発物を自作したとみている。

 事件では、同公園北側のコインパーキングに止めてあった栗原容疑者の車もほぼ同時刻に爆発している。火が一気に上がり、爆発音が確認されたことや、爆風で物が散乱していることなどから、公園と駐車場、自宅の3か所とも爆発物が使用された可能性があるという。

 24日に行われた司法解剖で、栗原容疑者の死因は胸腹部挫滅と判明。栗原容疑者は爆発物を腹のあたりで爆発させた可能性が高い。

 元稿:讀賣新聞社 主要ニュース 社会 【事件・犯罪・疑惑】  2016年10月24日  21:28:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

『栃木県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「消費者心理は低迷」…スーパ... | トップ | サーバー故障、またマイナン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。