乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【不妊治療】:遺伝上の親3人、体外受精2人妊娠 ウクライナ

2016-10-12 07:30:30 | 【不妊治療・体外受精・代理出産】:

 【不妊治療】:遺伝上の親3人、体外受精2人妊娠 ウクライナ

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【不妊治療】:遺伝上の親3人、体外受精2人妊娠 ウクライナ

 不妊治療を目的に、受精卵から両親の遺伝情報を含む核を別の受精卵に移す方法で、ウクライナの病院で依頼した女性が、3人の遺伝子を持つ子を妊娠したことが分かった。13日に米ニューヨークで始まる生殖技術の国際大会で発表される。先月末に米国の医師らが遺伝的に3人の親を持つ男児の出産に成功したことが判明したが、遺伝病対策が目的だった。今回は不妊治療のため、より安全性や倫理的な問題を巡り論議を呼びそうだ。

     ウクライナで実施された今回の体外受精法

 英科学誌ニューサイエンティストが報じた。ウクライナの首都キエフの不妊治療施設のチームは、第三者の健康な卵子を使った受精卵から核を除き、依頼者の受精卵の核を移植する「前核移植」と呼ばれる体外受精の手法で、女性2人の妊娠に成功した。胎児は現在、26週と20週で来年初めにも出産予定という。

 この手法は、細胞のエネルギー源を合成しているミトコンドリアが、加齢などで機能低下して不妊になるとする考え方に基づき、健康なミトコンドリアと置き換えることで「卵子の若返り」を図るとされる。ミトコンドリアには核とは別に独自のDNAがあり、母親からのみ継承されるため、子どもは3人の遺伝子が受け継がれる。

 米国の医師らが実施したのは、遺伝性のミトコンドリア病で流産が続く母親の卵子の核を、除核した第三者の卵子に移植して受精させる方法だった。無事出産すればこの手法では世界初とみられる。

 生殖補助医療に詳しい北海道大の石井哲也教授(生命倫理)は「生まれてくる子の健康にどんな影響が出るか分からず、子の福祉に反している。受精卵を破壊する点でも問題だ。不妊治療目的で広まれば、社会問題に発展しうる」と指摘する。【千葉紀和】

 元稿:毎日新聞社 主要ニュース サイエンス 【科学・技術】  2016年10月12日  07:30:00 これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

ジャンル:
科学
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【自民党】:「白紙領収書、... | トップ | 旧民主富山県連の使途不明、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。