乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【誰が勝つ 「米大統領選」核心リポート】:わいせつ行為報道もトランプの・・・

2016-10-19 15:03:40 | 国際・欧州・中東・アフリカ・北米・南米

【誰が勝つ 「米大統領選」核心リポート】:わいせつ行為報道もトランプの支持率が落ちない5つの理由

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【誰が勝つ 「米大統領選」核心リポート】:わいせつ行為報道もトランプの支持率が落ちない5つの理由

 過去数週間、女性蔑視発言や、わいせつ行為を受けたとする複数の女性の出現で、ドナルド・トランプは「大統領候補としては終わった」との見方が強まっている。

だから強気なのか(C)AP

 しかしトランプの支持率は急落するどころか、世論調査によってはヒラリー・クリントンをリードしてさえ…、詳細は、本紙を参照下さい。

 ※この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

堀田佳男
 堀田佳男 ジャーナリスト

 1957年東京生まれ。早稲田大学文学部卒業、アメリカン大学大学院国際関係課程修了。米情報調査会社などを経て1990年に独立。以来、ワシントンDCを拠点に政治、経済、社会問題など幅広い分野で取材・執筆。25年間の滞米生活を経て2007年帰国。国内外で精力的にジャーナリスト活動を続ける。著書に「大統領はカネで買えるか」「大統領のつくりかた」「エイズ治療薬を発見した男 満屋裕明」など。 

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2016年10月19日  15:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『北アメリカ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【自由党】:民進と自民を痛... | トップ | 【習近平「アジア皇帝」への... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。