乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【ウィッツ不正】:新たな運営主体で学校存続 伊賀市が回答

2016-10-01 00:45:30 | 事件・犯罪・疑惑

【ウィッツ不正】:新たな運営主体で学校存続 伊賀市が回答

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【ウィッツ不正】:新たな運営主体で学校存続 伊賀市が回答

 三重県伊賀市のウィッツ青山学園高校が学習指導要領に反した不適切な授業をしていた問題で、同市の岡本栄市長が30日、国の改善措置要求に対する回答を文部科学省などに提出した。同校を運営する「株式会社ウィッツ」に代え、年内をめどに学校法人など新たな運営主体を確保し同校を存続させるとする内容。運営主体が見つからない場合は同市が学校を閉鎖するとしている。

 伊賀市は構造改革特区の認定を受けて学校設置を認可し、問題発覚後の今年8月、文科省と内閣府が改善措置を要求していた。

 岡本市長は松野博一文科相と面会し、回答書を手渡した。岡本市長は「現在のウィッツでは学校を運営する能力は不十分。ただ、教育を受ける生徒たちのために学校は存続させたい」と述べた。松野文科相は「特区認定を受けて学校の設置を認可しながら今日の事態を防げなかったことは残念。確実に結論を得られるよう迅速に対応してほしい」と注文した。【佐々木洋】

 元稿:毎日新聞社 主要ニュース 社会 【事件・事故・裁判】 2016年10月01日  00:45:00 これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

『三重県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【米列車事故】:安全システ... | トップ | 【消費者裁判手続き特例法】... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

事件・犯罪・疑惑」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。