乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【相撲協会】:春日山2力士、勧告撤回訴え「師匠として適任」

2016-10-18 20:30:30 | 産業・経済・企業・ビジネスニュース

【相撲協会】:春日山2力士、勧告撤回訴え「師匠として適任」

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【相撲協会】:春日山2力士、勧告撤回訴え「師匠として適任」

 年寄名跡証書を所有していないことなどを理由に日本相撲協会から師匠辞任の勧告を受けた春日山親方(元前頭・浜錦)の弟子、水口と萬華城(まんかじょう)の両力士が18日、部屋がある川崎市内で記者会見し、勧告の撤回を訴えた。水口は「親方は力士を1人の人間として、温かく見守ってくれる。師匠として適任だと思っている」と話した。17日には春日山部屋後援会が2798人の署名を集め、勧告の撤回を求める嘆願書を日本相撲協会に提出していた。

 春日山親方は先代親方(元前頭・春日富士)に引き渡しを求めて係争中の証書を現時点で所有せず、秋場所中は指導の実態がなかったことで、今月12日の臨時理事会で師匠の資格がないと判断され、勧告を受けた。回答期限は19日午前10時とされた。【村社拓信】

 元稿:毎日新聞社 主要ニュース スポーツ 【大相撲】 2016年10月18日  20:30:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

ジャンル:
相撲
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【法制審】:配偶者3分の2... | トップ | 【韓国】:「原潜建造論」急浮上 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。