乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【小池塾】:「12月懇親会」画策 もう年末の“モチ代集め”か

2016-11-07 15:03:40 | 政党・地域政党・政治団体他

【小池塾】:「12月懇親会」画策 もう年末の“モチ代集め”か

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【小池塾】:「12月懇親会」画策 もう年末の“モチ代集め”か

 10月30日に開講した政治塾「希望の塾」に2902人の入塾者を集めた小池都知事。会費は男性5万円、女性4万円、学生3万円で、ザッと見積もって1億2000万円以上を集めた計算になるが、早くも年末の「モチ代」を稼ぐ計画を立てているらしい。

塾の初回でマイクの前に立ったのは約35分(C)日刊ゲンダイ

      塾の初回でマイクの前に立ったのは約35分(C)日刊ゲンダイ

 希望の塾は公式HPで「懇親会等の開催も予定している」と告知しているが、12月中にも最初の懇親会が開かれるようだ。

 「懇親会とは名ばかりの大きな政治パーティーが開催されると聞きました。ホテルの宴会場に塾生を1000人以上集め、1人5000円から1万円の会費を徴収するそうです。おいしい食事を食べながら塾生同士で意見交換ができるなら構いませんが、内容が薄かった初回の講義から推測するに、乾き物とウーロン茶くらいしか用意されないのではないかと噂になっています。塾生から会費を1000万円集めて小学校のクリスマス会みたいなセコイ内容だったら、塾を辞めようと思っています」(塾生のある区議)

 ■肩透かしだった初回講義

 塾の初回は講義1コマ2時間のうち、小池知事がマイクの前に立ったのは約35分。残りは高野之夫豊島区長らの区政報告でお茶を濁し、参加者をガッカリさせた。

 今や小池知事のボッタクリぶりは、塾生の間でもすっかり有名になりつつあるようだ。

「11月12日開催の2回目の講義は猪瀬直樹元都知事が講師だそうですが、裏金疑惑で知事を辞めた人の話を誰が聞きたいと思うのでしょうか。ナンセンスにもほどがある。受講料を返して欲しいです」(別の塾生)

 小池塾が早くも2次募集をかけているのは、早々に辞める塾生が後を絶たないからではないか。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2016年11月07日  15:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【TPP】:道民呆れた 鈴木... | トップ | 【世論調査】:“小池人気”浮... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政党・地域政党・政治団体他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。