乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【社説】:週のはじめに考える どんどんドングリ

2016-10-10 01:30:40 | 電力需給・原子力発電所再稼働問題

【社説】:週のはじめに考える どんどんドングリ

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【社説】:週のはじめに考える どんどんドングリ

 広葉樹の森が少しずつ色づいて、月明かりにざわめく季節になりました。大きな森の小さな命の循環を、“永さん”も、こよなく愛していたそうです。

 木工工芸集団「オークヴィレッジ」会長の稲本正さん(71)は、原稿用紙に万年筆でしたためられた手書きの歌詞を、あれから何回読み返してみたことでしょう。

 「どんぐりのうた」という題名のその歌詞は、七月に亡くなった永六輔さんの作品です。

 <どんどんどんどんドングリ拾った/どんどんどんどんドングリ植えた…>

 右下がりの少し丸い文字。旋律が漂ってくるような、リズム感のある筆跡です。

 署名の横には「八大さんにたのんでみます」と書いてある。

 永さんの依頼に応じて、「上を向いて歩こう」などの名コンビ、中村八大さんが曲をつけました。

 稲本さんの手元には手書きの楽譜も残っています。

 <どんぐりみどり/地球もみどり/どんぐりいのち/地球もいのち/みどりのいのち/みんなのいのち…>

 一九九〇年夏の作。当時の永さんはほとんど作詞をやめており、八大さんは闘病中。二年後には亡くなっている。“六八コンビ”としては、恐らく最晩年の歌でしょう。

 ところがこの作品、オークヴィレッジと永さんが毎年八月、岐阜県の旧清見村(高山市)で開催していた「夏祭り」などで披露されただけ。音源も確認されていない、つまり幻の楽曲です。

 かつて稲本さんは、母校の立教大学理学部で、核分裂の研究に取り組む実験助手でした。

 二十八歳のころ、実験の手順をうっかり間違えて、「池袋をぶっ飛ばすつもりか」と、助教授にひどく怒鳴られました。

 ◆持続可能性を求めて

 原子力は人の手に余る、つまり持続可能じゃない-。そう悟った稲本さんが、対極の居場所を求めて飛び込んだのが木工の世界です。

 「百年かかって育てた木は百年使えるものに」「おわんから建物まで」「子ども一人ドングリ一粒」-。この三つをモットーに、木を植え、育て、什器(じゅうき)や家具、家すらも手づくりし、販売までを手掛ける場所を清見村に設立したのは、七六年のことでした。

 続いて「ドングリの会」という植樹の会を立ち上げました。

 永さんは稲本さんの掲げた理念に共感し、その活動に早くから注目していたようだった。

 オークヴィレッジ設立三年目、永さんが稲本さんのもとを訪ねて意気投合。「高山は春と秋の祭りはあるが、夏にはない」という永さんの提案で、八二年、夏祭りを始めることになりました。

 多彩なミュージシャンが競演する“夏フェス”のはしり。仕切りはもちろん永さんでした。

 回を数えて八回目、永さんは盟友の八大さんをゲストに引っ張り出しました。

 日も暮れた野外ステージで、八大さんの流麗なピアノ演奏が続く中、満月に少し足りない月を頭上に認めた永さんが、突然「照明を落とせ」と指示を出しました。

 会場は闇に浸された。だがさすがは長年の名コンビ、八大さんは平然と、ベートーベンの「月光」からドビュッシーの「月の光」へと、即興でアレンジしながら演奏を切り替えていったのです。

 いつ、誰が用意したのか、約三百人の聴衆が手の中でともしたキャンドルの炎を揺らし、世にも美しい旋律が、月明かりに浮かぶ世にも美しいシルエットの森の奥深く、吸い込まれていきました。

 あの森をずっと残したい-。稲本さんが永さんに「ドングリの会」の応援歌を依頼しようと決めたのは、この夜のことでした。

 永さんは「無理をせず、ぼくのできることで協力したい」と、引き受けてくれました。

 ◆残したいものがあるから

 そう、誰もがすぐに「木を植える人」にはなれません。しかし、ずっと残しておきたいもの、持続可能であってほしいと感じるものは、きっと誰にもあるはずです。

 やがて広葉樹が色づく季節、時間を見つけて森を歩いて、残したい何かを探してみたい。そのために何ができるのか、歌でも歌って考えたい。

 ♪どんどんどんどん ドングリの森…。

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【社説】  2016年10月09日  01:30:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【筆洗】:「泣きっ面に蜂」... | トップ | 【私設・論説室から】:静か... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。