乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

視覚障害男性が線路転落 電車にはねられ死亡 近鉄大阪線

2016-10-17 06:15:10 | 事故・災害

視覚障害男性が線路転落 電車にはねられ死亡 近鉄大阪線

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:視覚障害男性が線路転落 電車にはねられ死亡 近鉄大阪線

 十六日午前十一時十分ごろ、大阪府柏原市国分本町一の近鉄大阪線河内国分駅で、兵庫県宝塚市武庫山二の無職で、視覚障害のある近藤恒久さん(40)がホームから線路に転落し、通過中だった大阪上本町発鳥羽行き特急電車にはねられ死亡した。

視覚障害者の男性が転落した近鉄大阪線河内国分駅のホーム=16日、大阪府柏原市で

写真

 柏原署や近鉄によると、ホームには視覚障害者を誘導するための点字ブロックは設置されていたが、転落防止用の柵はなかった。当時ホームに駅員はいなかったが、特急が通過する際には事前にアナウンスして注意喚起していた。

写真

 近藤さんは親族の女性二人と計三人で奈良方面に出掛ける途中。近藤さんらは同じホームの向かいに停車していた区間準急の先頭車両で特急の通過待ちをしていたが、近藤さんはホームの先端付近を横切って特急側線路に誤って転落したとみられる。運転士が非常ブレーキをかけたが間に合わなかった。

 柏原署によると、近藤さんは重度の視覚障害で両目が見えず、障害者手帳を持っていた。一人で外出する時には安全のために白杖(はくじょう)を用いていたが、この日は使用していなかった。

 近藤さんは電車内や駅内で流れるアナウンスを聞くのが好きだったとの情報もあり、同署は転落した詳しい経緯を調べている。

 近鉄によると、ホームの幅は両端では約二メートル。現場に防犯カメラはなく、目撃者もいなかった。上下線で運休や遅れが生じ、約一万三千人に影響した。

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 社会 【事故・災害】  2016年10月17日  06:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 

『大阪府』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【「やまゆり園」お別れ会】... | トップ | 【衆院東京10区補選】:与... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。