乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【春秋】:三段と四段――。ごちそうの詰まった重箱でも差は大きいけれど、

2016-10-01 03:30:30 | 社説・解説・コラム

【春秋】:三段と四段――。ごちそうの詰まった重箱でも差は大きいけれど、こちらの1階級の違いは天地を分かつほどの意味を持とう。

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【春秋】:三段と四段――。ごちそうの詰まった重箱でも差は大きいけれど、こちらの1階級の違いは天地を分かつほどの意味を持とう。

 プロをめざす将棋の世界の話だ。日本将棋連盟の棋士養成機関「奨励会」では、三段の若者たちが半年間のリーグ戦に精魂のすべてを傾ける。

 ▼上位2人だけが四段に上がり、晴れてプロになれる決まりだ。年齢制限もあるから夢破れて去る人は数知れず、その辛苦は並大抵のものではないという。来月公開の映画「聖(さとし)の青春」は早世した村山聖九段を松山ケンイチさんが熱演して胸を突くが、三段リーグをどうしても抜けられず退会していく青年の姿もいとおしい。

 ▼かくも凄絶な戦いを初挑戦で勝ち抜き、きょう史上最年少の14歳2カ月でプロの仲間入りをする藤井聡太新四段は愛知県瀬戸市の中学2年生だ。かつて加藤一二三・九段が樹立した記録を62年ぶりに更新するという。その加藤九段はいまも現役で76歳の最年長。両人が対局する場面を思えばにわかファンでも興趣は尽きぬ。

 ▼三段リーグはいま、西山朋佳、里見香奈両三段の存在も注目の的だ。女流の枠を離れた初の女性棋士誕生の日が来るかもしれない。「聖の青春」で、東出昌大さん演じる羽生善治王座が村山九段に言う。「どうして将棋を選んだかはわからない。ただ、あなたに負けて死ぬほど悔しい」。悔しさの生む栄冠が、きっとある。

 元稿:日本経済新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【春秋】  2016年10月01日  03:30:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【行方不明】:邦人女性の遺... | トップ | 【社説②】:生殖医療の進歩を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。