乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【三菱重】:大型客船から撤退…不審火などで損失

2016-10-18 22:52:30 | 産業・経済・企業・ビジネスニュース

【三菱重】:大型客船から撤退…不審火などで損失

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【三菱重】:大型客船から撤退…不審火などで損失

 三菱重工業は18日、不振が続く造船事業の見直し策を発表した。

三菱重工業が巨額の特別損失を出す原因となった大型客船「アイーダ・プリマ」(3月14日、長崎市で)

  三菱重工業が巨額の特別損失を出す原因となった大型客船「アイーダ・プリマ」(3月14日、長崎市で)

 巨額の損失を出した大型客船の受注から事実上、撤退する。国内造船業界では、川崎重工業も造船事業の縮小・撤退も視野に見直しの検討を進めている。世界的な受注減が予想される中、業界では事業縮小や、コスト削減に向けた提携で苦境を乗り切ろうとする動きが活発化しているが、先行きは見通せない。

 「欧米向けの大型客船は当面できない。コスト的にも成り立たない」

 三菱重工の宮永俊一社長は記者会見で、総トン数が10万トンを超える大型客船の建造をやめると明言した。今後は貨客船や中小型の客船に受注を限定する。

 撤退を余儀なくされた原因は、2011年に米クルーズ大手から2隻受注した大型客船だ。工期が大幅に遅れ、損失は2400億円超に膨らんだ。1番船は設計の変更や不審火などで引き渡しが1年も遅れ、2番船は現在も建造中だ。

 元稿:讀賣新聞社 主要ニュース 経済 【企業・産業】  2016年10月18日  22:52:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京・高松高裁は「合憲」 ... | トップ | 【被写体に自殺中2・賞撤回... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。