乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

[FT]:EUが恐れるWTO内部崩壊シナリオ

2017-10-18 17:00:40 | 産業・経済・企業・ビジネスニュース

[FT]:EUが恐れるWTO内部崩壊シナリオ

  乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:[FT]:EUが恐れるWTO内部崩壊シナリオ

 欧州連合(EU)の通商政策を担う最高幹部が、トランプ米政権が世界貿易機関(WTO)の紛争処理機関への判事任命を阻止し続けていることを批判し、米政府の立場はWTOを内部から破壊する恐れがあると述べた。

 マルムストローム欧州委員は本紙フィナンシャル・タイムズ紙のインタビューで、WTOの上級委員会(紛争処理の最終審に相当)ですでに定数7人のうち2人の欠員をもたらしている行き詰まりは、世界最強の貿易国家間の意見対立に対処するうえで中核をなす制度の崩壊につながりかねないと語った。

米トランプ政権が貿易紛争処理の機能をまひさせないか、不安が増している=AP

  米トランプ政権が貿易紛争処理の機能をまひさせないか、不安が増している=AP

 ■貿易紛争処理モデルの弱体化も

 同氏の発言は、米国が今年8月、増加する欠員を埋めるための選任作業を始めるべきだとするEUと中南米7カ国からの提案を拒否して以来、国際社会で募る上級委の将来に対する不安を反映している。

 米政府は、自国の立場は、上級委の委員(判事)が自身の任期満了後に初めて結審する事案について判決を承認することに対する米国の異議にWTOが対処していないことと関係していると話している。

 ほかの国の通商担当者はこれを、もっと幅広い米国の批判と関係した口実と見なしており、この姿勢は米国が国際的な貿易紛争処理の現行モデルを弱体化させようとしているとの懸念を招いている。上級委については歴代の米政権が不満を述べており、委員会は繰り返し米国の通商法の重要な側面に反する判決を下すことで、与えられた権限を逸脱したと語っていた。トランプ政権は、もし米国の主権を侵害した場合にはWTOの裁定を無視する意向を示している。

 「米国人が抱いている具体的な懸念があるのであれば、いいでしょう、聞きましょう」。マルムストローム氏はインタビューでこう述べた。「けれど我々は、具体的なことがあるとは聞いていない。米国はただ一般的に制度に不満を抱いているだけだ」

 ■リミット近づく判事数

 同氏の発言は、上級委は機能するために必要な最低限の判事数に近づいているというアゼベドWTO事務局長の警告に続くものだ。

 上級委の事案は、3人の判事のパネルで審理される。判事は最大で2期(1期4年)在職する。現在残っている5人の判事の1人、ベルギーのピーター・ファン・デン・ボッシェ氏は12月に退任する。つまり、同氏の後任が選ばれない限り、判事の数は4人に減るということだ。

 そのうちの1人は中国出身の趙宏氏で、弁護士らは、中国政府内で以前務めた役職のために、同氏は中国が関係する一部の事案から外れる必要があるかもしれないとみている。もう1人の任期は2018年9月に満了する。

 トランプ政権の誕生で、EUはポピュリスト(大衆迎合主義者)から攻撃されている国際貿易体制の柱としての役割を盛んに宣伝するようになった。マルムストローム氏は、環太平洋経済連携協定(TPP)からの離脱を決めたトランプ大統領の決断がほかの経済大国を動かしたと指摘する。

 TPPに参加する「ほぼすべての国が我々の元へやって来て、『我々は貿易が重要だということを示したいんだ、一緒にやっていきたい、良い貿易協定を信じる友人のサークルをつくりたいんだ』と言ってきた」と同氏は語っている。

 By Jim Brunsden and Alan Beattie in Brussels

 (2017年10月17日付 英フィナンシャル・タイムズ紙 https://www.ft.com/)

 (c) The Financial Times Limited 2017. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.

 元稿:日本経済新聞社 朝刊 主要ニュース ビジネスリーダー 【グローバル・Financial Times】  2017年10月18日  06:30:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [FT]:権力の座に近づいたオ... | トップ | [FT]:GM、ニューヨーク市... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

産業・経済・企業・ビジネスニュース」カテゴリの最新記事