乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【東京都】:公明の「議員報酬削減案」事前報道で紛糾 都議会 

2016-11-19 15:10:00 | 地方行政、自治・住民自治・議会

【東京都】:公明の「議員報酬削減案」事前報道で紛糾 都議会あり方検討会「意味無くなる」…議論の進め方、仕切り直しへ

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【東京都】:公明の「議員報酬削減案」事前報道で紛糾 都議会あり方検討会「意味無くなる」…議論の進め方、仕切り直しへ

 東京都議会の主要会派の代表が議会改革を話し合う「あり方検討会」が18日開かれたが、議員報酬削減に関する公明党案が事前報道されたことに反発が集まり、紛糾した。終了後に取材に応じた座長の相川博都議(自民党)は「(一部会派の案が先に表に出れば)検討会の意味が無くなる。他会派は疑心暗鬼だ」と述べた。

 小池百合子知事が給与を半減し年収が約1450万円となったことを受け、都議会第2会派の公明党は期末手当と合わせて年間約1708万円の議員報酬を2割削減し、約1366万円に抑えることを検討会で提案する予定だった。

 しかし、公明案が事前に報道されたことから主要会派が反発を強めた格好だ。

 相川座長は「都議選前なのだから、(事前報道は極端な改革案をアピールする)チキンレースとなり、検討会の存在意義に関わる」と指摘した。 

 この日の検討会では、議員報酬や政務活動費のあり方など複数課題を検討する予定だったが、議論は行われず終了した。検討会は主要会派から選出された9人の議員で構成され、非公開で行われた。

 元稿:夕刊フジ 主要ニュース 政治・社会 【政治ニュース】  2016年11月19日  15:10:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『東京都』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【橋下氏】:小池塾講師を断... | トップ | 【東京都】:小池知事が「魚... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

地方行政、自治・住民自治・議会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。