乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

東京株終値は271円高で1万7100円台まで回復 FBIのクリントン氏・・・

2016-11-07 15:09:50 | 金融・財政ニュース

東京株終値は271円高で1万7100円台まで回復 FBIのクリントン氏訴追見送りで弾み

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:東京株終値は271円高で1万7100円台まで回復 FBIのクリントン氏訴追見送りで弾み

 7日の東京株式市場は大幅反発した。日経平均株価の終値は、前週末比271円85銭高の1万7177円21銭。前週末終値で1万7000円の大台を割り込んだが、すぐに回復した。

 終日大幅高が続いた。高値は281円高の1万7186円。

 米大統領選を控え、ヒラリー・クリントン氏の私用メール問題で米連邦捜査局(FBI)が訴追見送りの方針を示したことで、クリントン氏有利との予想が強まり、上げ材料となった。

 一方、円高ドル安が続いていた円相場は前週末からドル買いが強まり、104円台前半まで回復。これもプラス材料となった。

 東証株価指数(TOPIX)の終値は、前週末比15.76ポイント高の1362.80。

 元稿:夕刊フジ 主要ニュース 経済・マネー 【株式・投資ニュース】  2016年11月07日  15:10:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『株』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【トヨタ戦略転換】:20年... | トップ | 【手塚治虫さん】:エロス描... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。