乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【きょうの潮流】:あの無言館の館長、窪島誠一郎さんが、くも膜下出血で・・・

2016-09-19 04:15:50 | 【集団的自衛権】:

【きょうの潮流】:あの無言館の館長、窪島誠一郎さんが、くも膜下出血で倒れたのは昨年の暮れ。

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【きょうの潮流】:あの無言館の館長、窪島誠一郎さんが、くも膜下出血で倒れたのは昨年の暮れ。

 参院選で安倍政権の安保法制に反対する統一候補の擁立を呼びかけた「信州市民 の会」の設立会見の場でした▼これまで政治を語ることが苦手だったという窪島さん。74歳の老美術館主を突き動かしたのは、今の政治のありようと、国会前 でデモをくり返す若者たちの姿だったと。命を救われ、長野で統一候補が勝利したてん末は近著『手をこまねいてはいられない』に詳しい▼戦争法の成立から きょうで1年。強行を前後に暴政に抗(あらが)う市民の声は列島に響き、行動に立ち上がる勇気と運動に希望をもたらしました。参院選で実った野党と市民の 共闘は大きな成果をあげ、新しい時代の到来を告げました▼たたかいは今も全国で。東京・中野では、市民と野党議員が「戦争やだね!」を掲げてパレード。マ マや弁護士をはじめ老若男女が次々と集まり、青い風船やプラカードを持ちながら平和への思いを訴えました▼戦後の節目に亡霊のようによみがえった暗黒勢力 を打ち払うには。政治学者の白井聡さんが本紙で語っています。野党の共闘とともに政治を動かし変える市民革命的なものにまで運動を高められるか▼内戦の南 スーダンに11月にも派兵される自衛隊は戦争法に基づく危険な任務の訓練を開始しました。このまま進めば、やがてどこかで新しい「無言館」を建設する槌 (つち)音が聞こえてくる、と窪島さん。戦地に向かう無念の声なき声を胸に、たたかいも新たに。

 元稿:しんぶん赤旗 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【きょうの潮流】 2016年09月19日  04:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【主張】:沖縄・高裁不当判... | トップ | 【主張】:「戦争法」強行1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

【集団的自衛権】:」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。