乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【「TPP強行採決」】:言及 菅氏が厳重注意 農相は発言撤回

2016-10-19 15:15:50 | 【環太平洋パートナーシップ協定(TPP)

【「TPP強行採決」】:言及 菅氏が厳重注意 農相は発言撤回

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【「TPP強行採決」】:言及 菅氏が厳重注意 農相は発言撤回

 菅義偉官房長官は十九日午前の記者会見で、衆院特別委員会で審議中の環太平洋連携協定(TPP)承認案を巡り、強行採決に言及した山本有二農水相に電話し「誤解を生じかねない発言は厳に慎んでほしい」と厳重注意したことを明らかにした。山本氏は「誤解される発言で大変申し訳ない」と陳謝し、発言を取り消す意向を示した。菅氏は強行採決は「政府として全く考えていない」と述べた。

 これに先立ち、自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長らは東京都内で会談し、山本氏の発言について「緊張感が足りない」との認識で一致。二階氏はこの後、菅氏に電話し「政府として緊張感を持ってやってほしい」と申し入れた。公明党の山口那津男代表は党会合で「円満審議を妨げるような発言だ。厳に慎むべきだ」と述べた。

 民進党の笠浩史国対委員長代理は同日午前の記者会見で「閣僚として極めて不適切で、信じられない発言だ。巨大与党をバックにした政府のおごりであり、緩みだ」と批判した。野党側は同日午後のTPP特別委前の理事会で、山本氏の発言の経緯をただした。

 山本氏は十八日に東京都内で開かれた佐藤勉衆院議院運営委員長(自民党)のパーティーで、TPP承認案を巡り「強行採決するかどうかは、佐藤氏が決める」と述べた。

 元稿:東京新聞社 夕刊 主要ニュース 政治 【政策・衆院特別委員会で審議中の環太平洋連携協定(TPP)承認案・強行採決に言及した山本有二農水相】 2016年10月19日  15:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国の宇宙船がドッキング成... | トップ | 【「生前退位」法案】:菅氏... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。