乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【南風】:味噌汁の冷めない距離で

2016-10-13 09:41:20 | 社説・解説・コラム

【南風】:味噌汁の冷めない距離で

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【南風】:味噌汁の冷めない距離で

 給食が船で運ばれていく。私は、座間味島から阿嘉島へ向かう同じ船の中で揺られていた。私からすると、船に乗ることは旅である。地元の人はまるで「味噌(みそ)汁の冷めない距離」にいるかのように島を行ったり来たりしている。海が島を隔てているのではい。海が玄関口となり、暮らしをつないでいるのだ。

 同じ給食をいただく圏内、沖縄県、日本、海外とさまざまなスケールで人とモノが行き交う。最近、勝連城で古代ローマのコインも見つかっているように交流・交易は沖縄の発展の歴史であり、潜在能力を示している。那覇に戻る船の上で考える。人の移動が「家族」という最小のコミュニティーにどんな影響があるだろうかと。

 NHKスペシャル「ママたちが非常事態」を思い出す。人類の進化の中で狩猟採集を中心としたコミュニティーで育てる子育てと、移動を伴い、核家族中心の現代の育児環境では大きな溝があると指摘していた。人類・人生史上初心者で、子育てに悩むのは当然だ。自分を責める必要はない。沖縄の子どもを取り巻く貧困や孤立も無関係ではない。

 番組を見終わると、妻は言った「それで、どうしたらいいの?」。地域・家族でできることは何か。転勤の多かった家庭で育った妻自身の言葉からヒントをもらう。「何があっても守ってくれると信じきれる」家庭があったと。強い正義感と他者を思いやる気持ちが人一倍ある。愛情を感じ取り、親の後ろ姿から人生を選択していったように見える。安心できる家庭を築ければ、あとは人の学び育つ力を信じたい。

 県民、県外、海外の人を孤立させず、子どもや親に寄り添う地域拠点とつなげ、地域の力に変えたい。それはきっと「味噌汁の冷めない距離」という言葉が実践される温かいコミュニティーだ。(南信乃介、NPO法人1万人井戸端会議代表理事)

 元稿:琉球新報社 主要ニュース 社説・解説・コラム 【南風】 2016年10月13日  09:49:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【高江で記者排除】:報道の... | トップ | 【南風】:秋の夜長と不摂生 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。