乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

{社説②}:ドゥテルテ氏訪日 混乱の修復を期待する

2016-10-25 02:06:40 | 政治・政策・行政・政局ニュース

{社説②}:ドゥテルテ氏訪日 混乱の修復を期待する

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:{社説②}:ドゥテルテ氏訪日 混乱の修復を期待する

 フィリピンのドゥテルテ大統領がきょう日本を公式訪問する。26日には安倍晋三首相と会談する。

 ドゥテルテ氏は先週、日本に先立って訪問した中国で、米国との「離別」を語って物議をかもしたばかりだ。訪中に同行した閣僚は火消しに追われ、ドゥテルテ氏自身も帰国後に「関係断絶という意味ではない」と釈明した。

 米国は、ラッセル国務次官補を急きょマニラに派遣して真意をただした。中国ですら、突然の発言には戸惑ったのではないか。

 今回の訪日を通じてこうした混乱の修復が図られるよう期待したい。

 耳を疑わせるドゥテルテ氏の発言はこれにとどまらない。

 米軍との合同軍事演習については「(今年が)最後になるだろう」と述べ、テロ対策で南部ミンダナオ島に駐留する米軍を「出て行かなければならない」と切り捨てた。オバマ米大統領には暴言を吐いて首脳会談が取り消されている。

 背景には麻薬対策への米国の批判がある。裁判抜きでの容疑者殺害という手法を米国が問題視するのは当然だが、ドゥテルテ氏には治安を回復させたという自負が強いようだ。

 一連の言動からは、19世紀末から半世紀近くに及んだ米国による植民地支配への反感も垣間見える。その思いは、冷戦終結直後の1990年代初めにフィリピン上院が新条約批准を拒否して駐留米軍を撤退させたことにも通じるのだろう。

 しかし、アキノ前政権は2014年に米軍を再びフィリピンに戻すことで米国と合意した。中国による南シナ海での権益主張強化への対応策であり、米国との同盟が安全保障の根幹だという現実的な判断に立った決定だった。

 日本とフィリピンは、自由と民主主義という価値観を共有してきたパートナーだ。ドゥテルテ外交の迷走によって、アキノ政権下で築かれた日米比の協力関係が揺らぐことは望ましくない。

 重要な海上交通路である南シナ海での航行の自由を守るためにフィリピンと協力することは、日本の国益に直結する。26日の首脳会談には、日米とフィリピンの協力強化につながる建設的な議論を期待したい。

 安倍首相は先月、ラオスでドゥテルテ氏と会談した。南部ダバオの市長を20年以上務めたドゥテルテ氏は「日本はダバオの発展に多大な貢献をしている」と評価し、特に国際協力機構(JICA)の事業への感謝を語ったという。

 政府は、「ドゥテルテ氏は親日家だ」と評している。それならば、互いに率直に物を言い合える関係を目指してはどうだろうか。

 元稿:毎日新聞社 東京朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【社説】  2016年10月25日  02:06:00 これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『アジア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【余録】:テレビドラマの撮... | トップ | {社説①}:企業メセナ 文化支... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。