乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【社説】:①TPP審議再開 早期承認で自由貿易加速せよ

2016-10-16 06:18:30 | 【環太平洋パートナーシップ協定(TPP)

【社説】:①TPP審議再開 早期承認で自由貿易加速せよ

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【社説】:①TPP審議再開 早期承認で自由貿易加速せよ

 環太平洋経済連携協定(TPP)承認案の国会審議が始まった。

 貿易立国の日本は、参加12か国の承認の先陣を切ることで、TPP発効の機運を高めたい。

 石原TPP相は衆院特別委員会で、協定の意義を「巨大市場を作って経済圏を構築する。新たな成長が期待できる」と語った。「21世紀型の貿易ルールを作るのがポイントだ」とも強調した。

 TPPは関税の撤廃・削減だけではない。知的財産の保護強化や労働・環境の規制改革など、多岐にわたる。コンビニやスーパーの外資規制を緩和する国もある。

 発効すれば、この高水準の貿易・投資ルールが次代の国際標準となる可能性が大きい。各国の保護主義の高まりを抑え、自由貿易を加速させることに寄与しよう。

 重要なのは、TPP経済圏の拡大が見込まれることだ。

 韓国の周亨煥産業通商資源相は10日、経団連の訪韓団に対し、TPP参加の意向を表明した。フィリピン、インドネシア、タイなども参加に関心を示している。

 岸田外相が特別委で「TPPの戦略的価値を示すものだ」と指摘したのは適切である。

 将来、中国を新しい経済秩序に取り込み、国際ルールの順守を迫る。そのためにも、まずはTPPの早期発効が欠かせない。

 外国産米が公表価格より安く国内で流通していた問題について、山本農相は「国産米価格への影響はない」と明言している。輸入商社が卸業者に払う「調整金」と呼ばれるリベートは禁止した。

 TPPが発効すれば外国産米の輸入が増える。農家が不安を持つ不透明な商慣行を正すのは当然である。ただ、輸入米市場は国産米に比べ極端に小さい。野党がTPPの影響試算のやり直しまで求めているのは行き過ぎだろう。

 TPP承認案は、先の通常国会に提出され、継続審議になっていた。与党は、10月中の衆院通過を目指している。条約は、衆院の議決から30日間で自然承認されるため、11月30日までの今国会中の承認が確定するためだ。

 TPP慎重論が広がる米国に批准を促すためにも、政府・与党が承認を急ぐのは理解できる。

 民進党は、外国産米の流通実態の農林水産省調査が不十分だ、などと主張し、審議を進めることに消極的な姿勢を示している。

 しかし、政府の対応に問題があるのなら、審議を停滞させるのではなく、特別委での質疑で追及するのが筋だろう。

 元稿:讀賣新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【社説】  2016年10月15日  06:02:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【社説】:②新聞週間 若い世... | トップ | 【社説】:②電力自由化半年 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。