乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【「小池知事vs自民党」行方と結末】:ポスト安倍も意識 小池知事の・・・

2016-10-11 08:10:40 | 地方行政、自治・住民自治・議会

【「小池知事vs自民党」行方と結末】:ポスト安倍も意識 小池知事のとどまるところを知らぬ野望

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【「小池知事vs自民党」行方と結末】:ポスト安倍も意識 小池知事のとどまるところを知らぬ野望

 わずか2カ月で、すっかり都庁の女帝に君臨した小池百合子知事。「厚化粧の大年増」呼ばわりしていた石原慎太郎元知事も「お会いして説明したい」とひれ伏している。

 しかし、上昇志向の塊で、野心を隠さない彼女にとって、都知事は次のステップへの足掛かりに過ぎない。自民党総裁選にも手を挙げたことがある小池知事。国政トップを狙っているのは間違いない。

上昇志向の塊(C)日刊ゲンダイ

          上昇志向の塊(C)日刊ゲンダイ

 「石原、舛添両元都知事がそうだったように、小池知事の根っこにあるのも国政へのリベンジです。小泉政権で環境相、安倍政権で防衛相を歴任し、2008年に手を挙げた自民党総裁選で健闘した。ところが、安倍首相の再登板を争った12年の総裁選で石破支持に回ったことから不遇が続きました。都知事には一国の大統領並みの財源と権限があり、東京五輪で世界に顔も売れる。まずは、日本外交の“もうひとつの顔”としての地位を築いた後、国政に舞い戻って“本丸”の総理の座を取りにいくことも視野に入れているはずです」(政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏)

 元特捜検事の若狭勝衆院議員が「嗅覚が冴えている」と言う通り、小池知事の勝負勘は独特。動く時は、より大きな権力に近づく時だ。日本新党→新進党→自由党→保守党→自民党と渡り歩きながら、細川護熙、小沢一郎、小泉純一郎と、時の実力者に寄り添ってきた。

 自民党は“勝てば官軍”がまかり通る政党である。イザとなったら、小池知事を“ポスト安倍”に担ぐ可能性もゼロじゃない。すでに都知事選後、安倍首相と二階幹事長は、小池知事とあっさり手打ちしている。

 「世論を味方につけた小池さんは、敵に回すには大きくなり過ぎた。得となれば敵とも手を握るのが自民党のお家芸。舛添さんがいい例で、“総理候補ナンバーワン”ともてはやされると、参院議員なのに総裁に担ごうとし、自民党を足蹴にして離党しても、勝てるとみるや都知事選では支援に回った。権力を維持するためなら何でもアリなのが自民党です」(永田町関係者)

 小池知事は総理大臣にちなんで愛犬を「総ちゃん」と呼んでいるという。党内に“ポスト安倍”の有力候補がいない自民党が、いまでも自民党員である小池知事を担ごうとしても不思議はない。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2016年10月11日  08:10:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『東京都』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【「小池知事vs自民党」行方... | トップ | 【「小池知事vs自民党」行方... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。