乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

「1地域の抵抗」がFTAを崩壊の瀬戸際に

2016-10-31 09:20:30 | 国際・欧州・中東・アフリカ・北米・南米

「1地域の抵抗」がFTAを崩壊の瀬戸際に

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:「1地域の抵抗」がFTAを崩壊の瀬戸際に 

 【ブリュッセル=横堀裕也】欧州連合(EU)とカナダの自由貿易協定(FTA)を、崩壊の瀬戸際に追い込んだのは、人口約350万人のベルギー南部ワロン地域だった。

ブリュッセルのEU本部前で、カナダとの自由貿易協定に反対するデモ参加者ら(27日、ロイター)

  ブリュッセルのEU本部前で、カナダとの自由貿易協定に反対するデモ参加者ら(27日、ロイター)

 EUは30日にFTAの調印にこぎつけたものの、加盟28か国が抱える複雑な事情を踏まえたEUの意思決定の難しさが改めて浮き彫りになった。

 「目標達成! たった今、カナダのトルドー首相と30日に首脳会談を開くことで合意しました」。トゥスク欧州理事会常任議長(EU大統領)は28日深夜のツイートで安堵(あんど)を示した。

 トルドー氏が27日の訪欧をキャンセルする異例の展開。欧米メディアは「EU域内5億人のための協定が、人口350万人の一地域を前につぶれようとしている」などと連日、報道した。2014年に政治決着して妥結したにもかかわらず、批准手続きでつまずく展開に、「これではどこもEUと交渉してくれなくなる」(ユンカー欧州委員長)などとEU首脳らは危機感を募らせた。

 元稿:讀賣新聞社 主要ニュース 国際 【欧州・欧州連合(EU)とカナダの自由貿易協定(FTA)・ベルギー】  2016年10月31日  09:20:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【東京都】:小池知事、二階... | トップ | 【36協定】:よくよく考え... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際・欧州・中東・アフリカ・北米・南米」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。